OTHER STORIES

2年ぶりの開幕戦、出場選手が決定

  • photo1
  • 2年ぶりの東建。楽しみです!(写真は19年大会時)©JGTOimages
  • photo2
  • 賞金1位の稲森。昨年10月の日本オープンでの大会2勝目による通算2勝目を達成したのは誇りだけれど…。別の試合でも勝ちたい!©JGTOimages
  • photo3
  • アベマで現在1位の竹内。このまま逃げ切りを決め込む?! ©JGTOimages

男子ゴルフが次週、2021年の初戦を迎える。
レギュラーツアーは4月15ー18日の「東建ホームメイトカップ(三重県、多度カントリークラブ・名古屋)」から。

また、レギュラー昇格を賭けたAbemaTVツアーは4月14日ー16日の「i Golf Shaper Challenge in 筑紫ヶ丘(福岡県、筑紫ヶ丘ゴルフクラブ)」から、それぞれ20ー21シーズンを再開する。

このほど、その出場選手が出そろった。

「東建ホームメイトカップ」には、2年連続賞金王の今平周吾をはじめ、賞金ランキング1位で2021年を迎える稲森佑貴や、同2位のチャン・キム、同3位の金谷拓実ら。

そのほか、選手会長の時松隆光を筆頭に、同副会長の池田勇太や石川遼、小鯛竜也ら、コロナ禍の窮地ではロビー活動でも奮闘してきた選手会の理事メンバーも本業で気を吐く。

さらに現在、世界アマランク1位の中島啓太さんや、石川遼の弟で、日体大在学中の航(わたる)さんが、並み居るプロに挑戦。

中堅、若手がひしめく中で、最年長の谷口徹や藤田寛之、手嶋多一らシニア勢の奮戦も見逃せない。

そして、AbemaTVツアーの「i Golf Shaper Challenge in 筑紫ヶ丘」は150選手が出場予定。

同ツアーの賞金ランキング1位につける竹内廉(たけうちれん)や同2位の佐藤太地、同3位の上井邦裕らを筆頭に、し烈な昇格争いを再開させる。

「東建ホームメイトカップ」は無観客での開催が決定しておりますが、17、18日の決勝ラウンドの模様をテレビ東京系列6局などでお届けする予定です。

また、「i Golf Shaper Challenge in 筑紫ヶ丘」は、インターネット放送「ABEMA」のスポーツチャンネルで、3日間とも生中継します。

2年ぶりに行われる男子ゴルフの”開幕戦”も、ぜひお楽しみいただければと思います。

» 前のページに戻る

関連記事

広告