OTHER STORIES

日本代表ユニフォームとメダル報奨金が発表(東京五輪)

  • photo1

日本ゴルフ協会(JGA)は31日、東京五輪でメダルを獲得した際の選手報奨金を発表。
金メダルが2000万円、銀メダル1000万円、銅メダルが600万円で、前回のリオ五輪の2倍とした。

また、この日のリモート会見では、代表選手のユニフォームも発表され、ヘッドコーチの丸山茂樹氏と、服部道子氏が着用して登場。

「Rising to the Challenge」がデザインコンセプトというデサント社のウェアは、日の丸と日本の自然をイメージしたという赤、青、ピンク色を基調に5種用意され、「斜めのストライプが多く、日本の陽が昇るイメージ」(服部氏)「デザインがカッコいいものであれば、自然と気持も高揚してくる」(丸山)と、見た目はもちろん、真夏の開催を考慮した通気性や、着心地を追求したこだわりのデザインになっているという。

ゴルフ競技は、埼玉県の霞ヶ関カンツリー倶楽部を舞台に72ホールのストローク戦(個人戦)で行われ、男子が7月29日から、女子が8月4日から、それぞれ4日間。

各国代表は、男子が6月21日時点、女子が同28日時点の世界ランキングを元に算出した「オリンピックゴルフランキング」により決定され、かつ同ランキング15位内に入っていれば1か国最大4人まで、16位以下の国または地域は2人を上限に、合計60名が選出される。

<現在の世界ランキング>
■男子(5月30日時点)
14位 松山英樹
75位 星野陸也
ーーーーーーーー(出場圏内)
81位 金谷拓実

■女子(5月31日時点)
13位 畑岡奈紗
24位 稲見萌寧
ーーーーーーーー(出場圏内)
27位 古江彩佳

» 前のページに戻る

関連記事

広告