OTHER STORIES

青木功がJGTO会長に再任。3期目続投

  • photo1
  • 一致団結!!

一般社団法人日本ゴルフツアー機構(JGTO)は3月25日(水)、都内で「第8回定時社員総会」および「臨時理事会」を行い、JGTO会長に青木功が再任。初就任の16年から数えて3期目の続投が決定した。

また、18年に同副会長に就任した石川遼も続投が決定。さらに、理事には池田勇太や市原弘大、薗田峻輔らプロゴルファーも名前を連ねた。任期はいずれも2022年までの2年間となる(※下記、新役員一覧参照)。

この日の「社員総会」および「理事会」では「継続性のあるトーナメントの数を増やし、男子ツアーを活性化させる」という、JGTOの普遍的かつ継続的目標を議場で再確認。
そして、「各執行担当理事の役割の明確化」や「JGTOの経済的自立」「収益強化に向けた対策」「選手会とのコミュニケーションの大幅改善や広報体制の強化」「トーナメント運営のさらなる効率化と透明性の確保」「競技委員の確保」など、”20-22年体制”の方向性が示された。

新型ウィルスの感染拡大で、東京五輪が開催延期に見舞われるなど、世界的に混乱が続いている今、いっそうの結束が求められる。
総会の終了後、青木とジャパンゴルフツアー選手会長の時松隆光が、改めて顔を合わせて「JGTOと、選手会とでしっかりと手を組み一致団結して頑張っていきます」(時松)と、気持ちを確かめ合った。

<2020年JGTO役員一覧>

<会長>
青木功(プロゴルファー)

<副会長>
新井直之(GTPA/日本ゴルフトーナメント振興協会専務理事)
石川遼(プロゴルファー/ジャパンゴルフツアー選手会副会長)

<専務理事>
上田昌孝(事務局長兼務/公益社団法人会社役員育成機構理事他)

<理事>
大多亮(GTPA/㈱フジテレビジョン常務取締役)
川合敏久(GTPA/日本ゴルフトーナメント振興協会主催者会議議長、㈱CBCテレビ中日クラウンズシニアアドバイザー)
永田圭司(JGA/日本ゴルフ協会副会長)
五十嵐朋広(PGA/日本プロゴルフ協会PGA事業本部本部長)
池田勇太(プロゴルファー/ジャパンゴルフツアー選手会副会長)
市原弘大(プロゴルファー/ジャパンゴルフツアー選手会理事)
薗田峻輔(プロゴルファー)
杉田亮毅(㈱日本経済新聞社参与)
野村修也(中央大学法科大学院教授/森・濱田松本法律事務所弁護士)
渡辺司(プロゴルファー)
佐藤信人(プロゴルファー/ジャパンゴルフツアー選手会監事)
田島創志(プロゴルファー)
宇治重喜(㈱ビザビジョン相談役)
村田一治(㈲青木功ゴルフ企画社員)
(計18名)

<監事>
道垣内正人(早稲田大学法科大学院教授/東京大学名誉教授/長島・大野・常松法律事務所弁護士)
森公高(日本公認会計士協会相談役/公認会計士)
(計2名)

<名誉会長>海老沢勝二
<特別顧問>尾崎将司
<相談役>中嶋常幸、丸山茂樹
<顧問>小泉直

» 前のページに戻る

関連記事

広告