OTHER STORIES

JGTO理事がデビュー戦。佐藤信人は43位タイ(国内シニアツアー)

50歳の新人が”デビュー戦”を無事、戦い終えた。
佐藤信人が、7月30日と31日に静岡県の朝霧カントリークラブで行われた今季のシニアツアー開幕戦「ISPS HANDA コロナに喝!!」で、シニア初参戦。

通算1アンダー、43位タイの成績を収めて「6年ぶりの試合で久しぶりにすごい緊張感を味わいましたが、思ったより良い成績が出てホッとしています」と、安堵した。

レギュラーツアーで9勝を誇るが40歳を目前に、イップスや腰痛に悩まされて、同ツアーは2014年の日本プロを最後に「引退」を決意。

大学時代の米国留学や、09年には欧州ツアー参戦など豊富な経験と、プロならではの鋭い観察眼を活かしてゴルフ解説者として活躍するかたわら、レギュラーツアーを主管するJGTOのコースセッティングアドバイザーや、18年からは理事を兼任。

裏方として従事してきたが、50歳を契機にこのたびシニアツアーで6年ぶりの実戦復帰を果たした。

「ゴルフの内容は不甲斐ないものでしたが懐かしい面々と、久しぶりに会って色々とお話ができたことが、今回の一番の収穫でした」。
デビューしたての新人だが、先輩方はレギュラーツアーでしのぎを削った旧知の顔ばかり。
記念すべき"初戦"はJGTO理事の社交場としても、得るものは多かったようだ。

なお、大会は柳沢伸祐が通算13アンダーで通算3勝目を飾った。

佐藤信人プロフィール

» 前のページに戻る

関連記事

広告