OTHER STORIES

令和元年の今年は20周年! 宍戸の森で例年以上の感動を【日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills】

  • photo1
  • 左から会見に臨んだJGTO理事の佐藤、昨年覇者の市原、JGTO理事の宇治重喜、多田野敬(株)宍戸国際GC代表取締役社長と中嶋。皆で記念大会を盛り上げる…!!

令和最初のツアープレーヤーNO.1決定戦は今年、大会20周年!
また、主催の日本ゴルフツアー機構(JGTO)も設立20周年を迎えて、今年の宍戸はおめでたムードで盛り上がる。

「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills」の開幕を、いよいよ来月6日に控えた5月14日のこの日は、大会の開催を広く知らせる"メディアデー"を実施。

プロ18年目の初優勝で、宍戸の森を涙と感動で満たした昨年覇者の市原弘大を筆頭に、お隣の静ヒルズカントリ―クラブの所属プロとして、コース監修にも従事するツアー48勝のレジェンド中嶋常幸や2002年の歴代覇者で、現在はJGTO理事の佐藤信人らが記者会見に臨んだ。
記念大会に賭ける思いや開催準備の進捗状況、変更点などを報道陣に公開した。

記念大会に向けて、ほぼ全ホールで改修が行われた開催コースの宍戸ヒルズカントリークラブ。
これまでの390ヤードから、距離を12ヤード伸ばしてティショットのプレッシャーが増した5番のパー4など、大きく様変わりした中でもJGTO会長の青木功が強いこだわりを見せたのが、宍戸の上がりの4ホールについて。

15番のパー5から16番パー3、17番パー4、そして18番のパー4までの4ホールは、あのオーガスタと同じパー設定であり今年は特に、あのウッズが復活劇を見せたマスターズの感動を、青木は意識している。
特に16番のパー3は今年は池を左の奥へと広げ、グリーンの左半分にはスロープを作るなど来年までたっぷり2年がかりの改造で、あのオーガスタの16番さながらのスリリングな展開を求める。

この日、メディアのみなさんとのコース視察に臨んだ市原も、この16番の変更には目を剥き「ここは左の奥が狭いので。そこにピンを切られたらどうしようか、と」。
さっそくワクワクと、コース攻略を頭に描いて「今年はさらに厳しいセッティングになることも楽しみ。4日間、最高のプレーをして連覇できれば最高です」と、意気込んだ。

ここ"宍戸"に会場が移ってから今年で17年目となるが、「最初と比べると、全く別のコースになった。毎年改修を重ねて、コースはこれからも進化を続ける」とは中嶋だ。
「16番はソーグラスの17番、オーガスタの16番のように、バーディもあればボギーもあるような、エキサイティングなホールになる」と米のメジャー開催コースを例に挙げながら、記念大会への興味を促した。

大きく生まれ変わった宍戸での熱戦もさることながら、恒例のお祭り「グリーンフェスタかさま」や、SNSによるアンバサダーやプロたちからの情報発信、ピンフラッグの販売、期間中のヒーローインタビューの実施など、従来のイベントに加えて今年は6月9日の最終日に青木功とコース役員のみなさんとの共同作業による18番ホールのカップ切りの披露など、20周年を意識したセレモニーも開催。
記念大会を一丸となって盛り上げていく。

20周年の記念観戦チケットも発売開始……!!
いよいよ新時代に突入するツアープレーヤーNO.1決定戦。
令和元年の「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills」は、今年20回目の記念大会。
みなさんもご一緒に、宍戸の森で例年以上の感動体験しませんか。

» 前のページに戻る

関連記事

広告