OTHER STORIES

第16回スナッグゴルフ対抗戦茨城県予選会を開催(6月8日)

  • photo1
  • photo2
  • photo3
  • photo4
  • photo5

日本ゴルフツアー選手権森ビルカップShishidoHillsが開催されている、その同じ会場内で、スナッグゴルフ対抗戦茨城県予選会が開催され、全国大会への出場権を目指した熾烈な真剣勝負が繰り広げられた。

全国的にも激戦区である、茨城県の笠間市を対象とした茨城県予選会に、昨年に引き続き全国大会が開催される福島県西郷村にある5つの小学校より、震災復興支援を兼ねた交流参加として15名の児童を招き、東京都代表など交流参加を含め合計132名の小学生が参加した。

今回の大会を開会式から盛り上げたのは2人のゴルフ界のレジェンドからの激励だった。
青木功が日本ゴルフツアー機構会長として、更には中嶋常幸は第一回スナッグゴルフ全国大会を支援するプロゴルファーとして、選手たちに短いと時間ながらもゴルフの魅力をちりばめたメッセージを伝えた。

また、開会式では笠間市の代表児童と福島県西郷村の代表児童が2人で声を合わせ、両レジェンドに向かって選手宣誓を行い、西郷村と笠間市によるスポーツ交流としての開会式となった。

競技は、ホールインワンが11、アルバトロスが1つ飛び出るなどハイレベルな競り合いとなり、先月行われた前哨戦の笠間市長杯で優勝し、全国大会でも連覇を狙う笠間市立岩間第三小学校が2位に2打差で辛くもかわして優勝し王者の貫禄を見せた。

尚、都道府県予選会は、シード校の岩間第三小学校を除く、北川根、友部、岩間第二の上位3校が、また、交流参加した立教小学校が、それぞれ全国大会に進出する。
西郷村から参加した5校については、6月29日にダンロップ・スリクソン福島オープンの付帯イベントとして開催される、福島県予選会で全国大会への出場校が決定する。

第16回スナッグゴルフ対抗戦茨城県予選会/第15回スナッグゴルフ対抗戦東京都予選会成績
(9ホール/507ヤード/パー36)

●団体戦 <茨城県予選会>
 優勝 笠間市立岩間第三小学校 74ストローク<全国大会シード校>
 2位 笠間市立北川根小学校 76ストローク<全国大会への出場権を獲得>
 3位 笠間市立友部小学校 77ストローク<全国大会への出場権を獲得>
 4位 笠間市立岩間第二小学校 78ストローク<全国大会への出場権を獲得>
 5位 笠間市立宍戸小学校 86ストローク
 6位 笠間市立笠間小学校 88ストローク
 7位 みなみ学園義務教育学校 89ストローク
 8位 笠間市立友部第二小学校 92ストローク
 9位 笠間市立稲田小学校 92ストローク
 10位 笠間市立岩間第一小学校 102ストローク
 11位 笠間市立大原小学校 113ストローク

●団体戦 <東京都予選会>
 優勝 立教小学校 80ストローク<全国大会への出場権を獲得>

●団体戦 <福島交流の部>
 優勝 西郷村立川谷小学校 92ストローク
 2位 西郷村立熊倉小学校 95ストローク
 3位 西郷村立小田倉小学校 105ストローク
 4位 西郷村立米小学校 114ストローク

●ベストスコア
 赤コース 24ストローク 12アンダー
  名畑来美(笠間市立岩間第三小学校6年生)、柴沼里莉(笠間市立岩間第二小学校6年生)
 青コース 25ストローク 11アンダー 
  用松里歩(笠間市立岩間第三小学校6年、加納邦祐(笠間市立友部小学校6年生)
  柴田悠希(笠間市立北川根小学校6年生)、吉沼蒼生(笠間市立岩間第三小学校5年生)
  前田隆之介(立教小学校6年生)

●交流の部ベストスコア
 赤コース 25ストローク 11アンダー
  加藤百華(笠間市立岩間第三小学校6年生)
 青コース 27ストローク 9アンダー 
  金澤美空(笠間市立友部小学校4年生) 

<ホールインワン>
赤コース
 2番ホール20ヤード
  海老原佑(笠間市立稲田小学校5年生)、武石陸(笠間市立友部第二小学校4年生)、
  竹村優莉(西郷村立小田倉小学校3年生)
 5番ホール23ヤード
  渡引絢音(笠間市立岩間第二小学校6年生)、大内星翔(笠間市立友部第二小学校4年生) 
 8番ホール17ヤード
  伊藤尊(笠間市立北川根小学校2年生)
青コース
 5番ホール23ヤード
  増田寛大(笠間市立岩間第一小学校5年生)
 8番ホール17ヤード
  柴田悠希(笠間市立北川根小学校6年生)、 渡引遍音(笠間市立岩間第二小学校6年生)
  奥村康太(立教小学校6年生)、上之園蓮(笠間市立友部小学校5年生)

<アルバトロス>
青6番ホール79ヤード
 石塚匠馬(みなみ学園義務教育学校6年生)

» 前のページに戻る

関連記事

広告