OTHER STORIES

「トップ杯東海クラシック」は今年記念の50回

  • photo1
  • 連覇を狙うキューちゃんもお祝いコメントを寄せた
  • photo2
  • 今年は50回記念大会! 会見では様々な周年イベントが開催されることも発表された。10月をお楽しみに!

10月3日から4日間の日程で、愛知県の名門「三好カントリー倶楽部」で行われる伝統の一戦「トップ杯東海クラシック」は今年、記念の50回。

今年は、4人の歴代覇者による9月30日月曜日の5ホールのペアマッチ「メモリアルカップ」や男子プロによる10月5日土曜日の「ドライビングコンテスト」、またファンのみなさんにより近くで男子ゴルフを観ていただける「ロープ内観戦ツアー」など、さまざまな周年イベントを用意して開催される。
その詳細を、メディアに向けて広く知らせる記者発表会が、7月8日月曜日に地元・名古屋市内で開かれた。

男子プロゴルフ界に産声を上げた第1回大会は、ツアー制度施行よりさらに3年前の1970年。初代覇者の石井富士夫氏と、台湾の謝敏男(しゃびんなん)氏がプレーオフで決着をつけた初回から、フィリピンのアンジェロ・キューが日本ツアー初制覇を達成した昨年の2018年大会まで、難攻不落の三好で脈々と、錚々たる勝者を輩出してきた。

現在、JGTO会長をつとめる青木功も第1回大会から出場リストに名前を連ねて76年と89年の2度制覇。
「リー・トレビノやトム・ワトソンなど当時の外国人選手と覇を競ったのも良い思い出です」などと、このたびの会見に寄せたコメントが読み上げられた。

また石川遼は、09年のチャンピオン。プロ2年目のツアー通算5勝目はちょうど40回の記念大会であった。
あれから10年。大会2勝目を狙う今年は「常に自分のゴルフをステップアップさせてくれる大きな大会。今回もさらにステップできるよう、臨みたい」。また2期目の選手会長としても「三好のギャラリーのみなさんに更に熱い声援を送って頂けるよう、参加選手一同50回大会に立ち向かう所存です」などと、二足のわらじを意識したお祝いコメントを会見に届けて、周年大会を祝福した。

そして”キューちゃん”ことアンジェロ・キュー。「このような歴史ある大会に、今年度も参加できることをとても光栄に思います。出場選手の中で唯一大会連覇を狙える選手として頑張りたいです」。
開催まで約3か月。三好で50回のメモリアルVを狙う精鋭たちの熱い思いが、早くも伝わってくるようだ。

今年も伝統の三好が舞台。50回記念を迎える「トップ杯東海クラシック」は、10月3日に開幕です。

なお青木、石川、キューがこのたびの会見に寄せたコメント全文は、以下のとおり。

【青木功】
トップ杯東海クラシックの50回大会を心よりお祝い申し上げます。私は1970年開催の第1回大会に出場し、以来12回選手として出場しました。そんな中、幸運にも2度優勝することができたことや、リー・トレビノやトム・ワトソンなど当時の外国人選手と覇を競ったのも良い思い出です。半世紀という長きにわたり、日本のゴルフを支えていただいたことをプロゴルファーの一人として、また日本ゴルフツアー機構の会長としても感謝の意を表したいと思うと同時に、今後も末永く、この素晴らしいトーナメントが続いていくことを祈念してお祝いの言葉とさせていただきます。

【石川遼】
50回の歴史を積み重ねた節目の年度に、昨年同様出場を予定しています。40回大会では、優勝という結果を残せ、常に自分のゴルフをステップアップさせてくれる大きな大会であると感じております。今回も、更にステップアップできるよう臨みたいと思っています。
三好のギャラリーに更に熱い声援を送って頂けるよう、参加選手一同50回大会に立ち向かう所存です。新たにドラコン大会も開催されますのでトーナメント観戦・イベント・ギャラリープラザも含めトーナメントウィークを楽しんで頂ければと思っています。また、テレビでのご観戦も楽しんで頂ければ幸いです。

【アンジェロ・キュー】
トップ杯東海クラシック、50回目の開催を祝し、心よりお祝い申し上げます。また、
このような歴史ある大会に今年度も参加できることをとても光栄に思います。
去年の最終日では、1打差3位タイからパターの調子が非常に良く、6バーディー、ボギーなしの66で回り、通算17アンダーで日本ツアー初優勝を飾ることができました。これもひとえに主催の東海テレビ放送様、大会スポンサーの株式会社トップ様、支えてくれる家族、大会関係者様、いつも私のプレイを見てくれるファンの皆様、素晴らしいコースコンディションにしていただいた開催コースの三好カントリー倶楽部様の応援と協力のおかげだと思っています。今大会は第50回の記念大会で、ディフェンディンンピオンということを意識し、体調を万全に整え、出場選手の中で唯一大会二連覇を狙える選手として頑張りたいです。皆様に元気を与えられるようなプレイをする事で、今大会が素晴らしい大会になるよう努めてまいります。応援宜しくお願いします。

※当初、イベント日程に誤りがございました。お詫びして訂正いたします。申し訳ございませんでした。

» 前のページに戻る

関連記事

広告