OTHER STORIES

祝AbemaV!! ハム・ジョンウがお米を寄付

  • photo1

今年新規のAbemaTVツアー「TIチャレンジ in 東条の森 2019」で、日本初Vを飾ったハム・ジョンウが大会の地元、兵庫県・加東市から副賞にいただいたお米「加東市産キヌヒカリ60㎏」を、同市の「社会福祉法人 加東市社会福祉協議会」に寄付した。

同市では、各家庭で眠っていた食材などを持ち寄り、各所に寄付する米国発祥の活動「フードドライブ」に取り組まれており、ジョンウのお米もそちらで活用していただけるとのこと。

同協議会の吉村進吾会長は「ご寄付いただきましたお米を今後、困窮世帯への支援として有効に活用させていただく」と、たいへん喜んでくださった。

13歳からゴルフを始めたジョンウは、アマ時代にはナショナルチームで活躍した実力者。16年のプロ転向直前に兵役の任務を全うすると、その年のファイナルQTを8位で通過して、17年に日本でプロデビューを果たした。

「ゴルフの環境やマナー、コースマネジメントなど、初参戦の日本で学ばせてもらった。日本での経験が、今年の活躍につながった」と、5月には韓国ツアーの「SKテレコムオープン」でプロ初V。母国で4年シードの準メジャーを制したことも自信になっているといい、日本で着々と力をつける24歳が、さっそく恩返しを済ませた。

» 前のページに戻る

関連記事

広告