2019.04.02

新規トーナメントShinhan Donghae Open開催決定

今年新規トーナメントとして、日本ゴルフツアー機構とアジアンツアーで初の韓国プロゴルフ協会(KPGA)とのトライサンクショントーナメントの開催が決定しました。

今年で35周年を迎える歴史あるShinhan Donghae Openは、2019年9月19日~22日の4日間、韓国の仁川(インチョン)のBear’s Best Cheongna Golf Clubにて開催され、アジアンツアーとKPGAの共催試合に、日本ゴルフツアー機構が加わることとなりました。

4月2日(火)シンハン金融グループ会長のYong-byoung Cho氏、KPGA会長のHwee-Boo Yang氏、アジアンツアーCOO Cho MinnThant氏、日本ゴルフツアー機構会長の青木功は、3つのツアーによるトライサンクショントーナメントとしてShinhan Donghae Open開催を正式に発表いたしました。これにより2019年度のジャパンゴルフツアートーナメントの試合数は25試合となります。
今回のこの共催契約は3年間で、今後トーナメントの具体的な条件の詳細は協議されますが、基本的な合意事項として、出場選手132名のフィールドサイズで各ツアーから上位41名のプレーヤーが出場権を持つことが決まっております。
Shinhan Donghae Openは2016年からアジアンツアーとKPGAの共催で実施されていましたが、今年からは日本ゴルフツアー機構の公式ツアースケジュールに含まれることで、韓国だけでなくアジアすべての国において注目をあびることとなることが期待されます。

青木功会長のコメント
「Shinhan Donghae Openが本日締結できたことを大変うれしく思います。JGTOの選手が実力を存分に発揮し優勝する事を期待しています」


トーナメント概要
■トーナメント名:Shinhan Donghae Open
■開催日:2019年9月19日~9月22日
■賞金総額:12億韓国ウォン(1億1,424万円)
       ※トーナメント規程によりその年度1月第1月曜日の電信買相場(TTB)に係る換算レートにより換算
■開催コース:Bear’s Best Cheongna Golf Club(Incheon South Korea)

» JGTOインフォメーション記事一覧

広告