LANDIC CHALLENGE 8

大会ロゴ

大会記事

副田は粘り強いゴルフをしながらも力つき2位タイ

  • photo1

首位と1打差の8アンダーの3位からスタートした副田裕斗だったが、惜しくも優勝には届かなかった。雨の影響もあり、スコアメイクに各選手が苦しむ中で、副田はしぶとくパーセーブを積み重ねつつチャンスを確実にものにするゴルフを展開。流れは完全に副田かと思われた。
「7番ホールでセカンドショットをミスしてOBの方に行ったのが出てきてくれて、それでパーをセーブできたり、結構粘りながらいいゴルフができていたと思うんですけど、最後は力つきましたね」。
しばらく成績を残せずにいた副田だが、先週の『日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills』からアイアンの調子が良くなってきているとのこと。もともと飛距離が魅力の選手なだけに、そこにショット力が加われば、毎試合優勝争いに加わってくるポテンシャルはある。負けはしたものの、収穫もあっただけに、その感触を来週の試合でも生かしてもらいたい。

» 前のページに戻る

関連記事

広告