ディライトワークス JGTO ファイナル

大会ロゴ

大会記事

惜敗の坂本雄介は悔しさ9割、満足1割!

  • photo1

最終組の1つ前の組でプレーした坂本雄介。最後は力尽きる形で2位に終わったが、最後まで大会を盛り上げた。
「6バーディを目標にしていて7バーディ獲れているのでやれることはやったんですけど、それで勝てないということはやることのレベルが低いということですね。そこが課題なのかなと思います。やっぱり勝てなかったことは悔しいです。今週の試合はQTとか云々ではなく勝つ気できたので、その部分に関しては本当に悔しいですね」。
勝ちたかった思いが強かっただけに悔しさも倍増する残念な結果となったが、それでも優勝争い中で最後まで崩れずにプレーできたことは大きな収穫と言える。坂本自身がゴルフの状態は悪くはないと思ってきたことに対して手応えを感じられた最終日になった。
勝つために何が必要なのか。今週の試合が坂本をさらにレベルアップさせるに違いない。

» 前のページに戻る

関連記事

広告