ディライトワークスASPチャレンジ 2019

大会ロゴ

大会記事

上村竜太(かみむら りゅうた)は7アンダー64でフィニッシュ

  • photo1
  • 上村竜太

上村竜太は「調子が良かったわけではないのに、7アンダーも出てしまった。運が良かった。山に行ったのがグリーンを狙えたり、バンカーをギリギリのところで超えてピンに寄ったりした」というが、7バーディ、ノーボギーのゴルフは立派だ。

調子が「寝て起きたら直っていた」と笑うが、クラブをボールから右足側にやや離して構えるようにして調子が戻った。「調子が悪くなってくると、クラブをボールに近づけて構えてしまう」ことに気づき、直してみたら復調した。

彼がホールアウトした後、競技は雷雲接近のために一時中断。その後再開されることなく、第1ラウンドはサスペンデッドになった。無事にホールアウトすることができた上村はまさにラッキーだった。

「思ったよりスコアが出たので、このままでいきたい。そう簡単にはいかないとわかっているが、バーディをたくさん獲って、ボギーを押えて、スコアを伸ばせたらいい」と第2ラウンドに向けて気持ちを切り替えることができる。まだ19歳、若者らしくどんどん攻めていってほしい。

» 前のページに戻る

関連記事

広告