HEIWA・PGM Challenge I ~Road to CHAMPIONSHIP 2019

大会ロゴ

大会記事

キムソンヒョンが通算10アンダーで日本ツアー初優勝!

  • photo1
  • (写真左から)パシフィックゴルフマネージメント㈱ 代表取締役社長 田中耕太郎様、キムソンヒョン、JGTO 青木功会長

AbemaTVツアー 2019第4戦「HEIWA・PGM Challenge I ~Road to CHAMPIONSHIP」(賞金総額1500万円・優勝賞金270万円)の大会最終日が茨城県のセゴビアゴルフクラブ イン チヨダ(〒315-0077 茨城県かすみがうら市高倉1384)を舞台に行われた。

優勝したのは韓国のキムソンヒョン(金成玹)。昨年、日本のQTを4位でクリアした若干20歳の若者が早くも日本での初優勝を飾った。
この日のキムは首位と2打差の4アンダー4位タイからスタート。前半はピンチがあったものの3バーディ、ノーボギーでラウンド。後半に入ってからもプレッシャーを感じるどころか安定感は増すばかりで、終盤の16番、17番の連続バーディで混戦模様だった試合を一気に決めた。
なお2打差の通算8アンダーの2位タイには白佳和とN・ファンの2人。さらに2打差の通算6アンダーの4位タイには首位タイでスタートした中里光之介、杉本エリック、永野竜太郎の3人が入っている。

» 前のページに戻る

関連記事

広告