ISPS HANDA 燃える闘魂!! チャレンジカップ 2018

大会ロゴ

大会記事

ツアー5年目の木下稜介が悲願のプロ初優勝!

  • photo1

千葉県の鶴舞カントリー倶楽部を舞台に行われたAbemaTVツアー『ISPS HANDA燃える闘魂!!チャレンジカップ』。2位以下に4打差をつけてスタートした木下稜介がイーブンパー72でラウンド。3日間通算14アンダーとし、苦しみながらも逃げ切りでプロ初優勝を手にした。

なお2打差の通算12アンダーの2位タイには海老根文博と松原大輔の2人が入った。また、7月のISPS HANDAマッチプレー選手権1回戦の出場資格を持たない上位3人、海老根文博、松原大輔、上平栄道に出場権が与えられた。

» 前のページに戻る

関連記事

広告