ザ・ロイヤル ゴルフクラブチャレンジトーナメント 2017

大会ロゴ

大会記事

悔しくも納得の1日

  • photo1
  • photo2

 最終日をトップタイでスタートした堀川未来夢(みくむ)だが、2打差の単独2位でモンスターコースでの戦いを終えた。一時は単独トップにも立ったがプロ初優勝の栄光を勝ち取ることは出来なかった。

 しかしその表情は明るい。それはこの世界基準のモンスターコースを前に自分のプレーに徹することが出来たからだった。
堀川は最終日の目標スコアをイーブンパーとし、それを達成する為自分のプレーを貫くことを徹底した。途中14番では3パットのボギー、最難関である705ヤードの16番でもボギーを叩くなど崩れかけたが、続く17番では難しい下りのパーパットをきっちり決めるなど持ち直し、自身の目標達成となる1アンダーでのフィニッシュとなった。
この日の平均ストローク「74.192」を誇る世界基準のモンスターコースに対し、自分のプレーを貫けたことは大きな自信につながるだろう。

「センパイ!おめでとうございます!」優勝した大槻智春を笑顔で迎え、ガッチリと握手をした堀川未来夢。その表情は晴々としていた。現在、チャレンジ賞金ランク7位、またレギュラーツアーではパナソニックオープンで3位に入るなど好調を維持している堀川。自分のプレーに徹することで、自ずとプロ初優勝は近づいてくるだろう。

» 前のページに戻る

関連記事

広告