HEIWA・PGM Challenge I ~Road to CHAMPIONSHIP 2014

大会ロゴ

大会記事

今平周吾(いまひら しゅうご)がチャレンジトーナメント初優勝!!

  • photo1
  • photo2
  • photo3

『HEIWA・PGM ChallengeⅠ~Road to CHAMPIONSHIP』(賞金総額1000万優勝賞金180万)最終日は23日(金)兵庫県三木市にあるライオンズカントリー倶楽部(7,092ヤード パー72)にて予選を通過した71名の選手が参加しておこなわれた。通算10アンダーで並んだ西村匡史、谷昭範との3名でのプレーオフの末、今平周吾がチャレンジトーナメント初優勝を遂げた。
「まさか優勝するとは思いませんでした。素直に嬉しいです」と驚きの表情。あまり感情が表に出ないタイプの今平だが、喜びを噛みしめている感じが伺えた。今平は、チャレンジトーナメント参戦2年目の21歳。正確なショットを武器としている。今大会では、その持ち味のアイアンショットが冴え、バーディーを量産した。「プレーオフが決まった時に気持ちはすでに切り替わっていました。」とメンタルが強い一面も垣間見え、「自分のゴルフをする」という強い気持ちで臨んだプレーオフで結果を出す事ができた。

今平はこの優勝によって、賞金180万を獲得。チャレンジトーナメント第3戦終了時で賞金ランキングトップに躍り出た。また、今年の「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP in 霞ヶ浦」と「日本ゴルフツアー選手権 Shishido Hills」の出場権を得た。
今平にレギュラーツアー出場への意気込みを聞いた。
「過去に何試合かレギュラーツアーに出ましたが、良い成績を残せませんでした。この優勝を糧に上位目指して頑張りたいと思います。」21歳の若きプロは今後さらに躍動するだろう。

» 前のページに戻る

関連記事

広告