きみさらずGL・GMAチャレンジトーナメント 2011

大会ロゴ

大会記事

「このまま流れを切らしたくない」久保超路

  • photo1
  • 休みなく練習ラウンドをこなした久保超路

久保超路(くぼ・ひろみち)は、昨日まで平川CCで行われていた日本プロゴルフ選手権大会の地区予選会に出場していて、58人中3人までの本戦出場枠をゲットした。

久保は、今年オーストラリアで3週間、ラウンド中心の合宿を組んだ。そこでコースマネージメントを心がけるようにしていた。それが功を奏した。予選会でも調子は必ずしも良くなかったが「パーを重ねて行った」結果、通算1アンダーで予選を突破した。

20日は休みもなく練習ラウンドをこなした。「このまま流れを切らしたくない」と、今週もコースマネージメントを重視したプレーを心がける。

「このコースは難しい。ティショットの落しどころ、グリーンの落しどころを考えて、イメージを大事にしていきたい。組み立てをしっかりしないと、いいスコアも出るが、すぐ悪いスコアが出てしまう」とコースの印象を語る。そのコースを「その日の調子を大切に、一打一打に集中したい。ショートゲームが勝負になると思うので、パーを重ねて、リズムを大切にして、集中力を切らさない」ことで攻略する。
この勢いで、チャレンジでも結果を出したい。

» 前のページに戻る

関連記事

広告