きみさらずGL・GMAチャレンジトーナメント 2011

大会ロゴ

大会記事

アルバトロスを達成した髙橋朋載と、竹本直哉が首位発進!

  • photo1
  • アルバトロスを決めた7番ウッドを手にする髙橋朋載

きみさらずGL・GMAチャレンジトーナメント(賞金総額1000万円 優勝賞金180万円)第1日は、21日千葉県木更津市のきみさらずゴルフリンクス(6,803ヤード パー72)にて144名の選手(内アマチュア5名)が参加して行われ、髙橋朋載、竹本直哉の2人が5アンダー67をマークして首位に並んだ。

髙橋は14番ホール(531ヤード パー5)でアルバトロスを達成、この日はさらに江尻壮も7番ホール(526ヤード パー5)でアルバトロスを達成し、同日に2つのアルバトロスが記録された。ちなみに1989年三菱ギャラントーナメントの初日に中尾豊健、新井規矩雄の2人が18番ホールでアルバトロスを記録している(記録は資料が残る1985年以降)。

尚、2オーバー74までの58位タイ、70名のプロと、アマチュアの上位3名の73名が決勝ラウンドに進出した。

» 前のページに戻る

関連記事

広告