富士カントリー可児クラブチャレンジカップ 2011

大会ロゴ

大会記事

ホストプロの小川哲広、「昨年より少しでも上へ行きたい」

  • photo1

開催コース、富士カントリー可児クラブ所属の小川哲広は、「富士カントリー可児クラブチャレンジカップ」の開幕を明日に控え、練習ラウンドを行った。

慣れ親しんだゴルフ場でのチャレンジトーナメントとなるが、「いつも通りのプレーを」というのが今週の小川のテーマだ。
「試合だからといって安全にということはありません。2日間競技なので、おもいっきり行かないと。失敗しても大胆にということを意識したい。」と力強く意気込みを語ってくれた。

「ホストプロということは意識していませんけど、他所のコースでやるよりは声援も多いし、頑張れます。自分のできる精一杯のゴルフをしたいです。」

昨年、トータル1アンダー12位タイでフィニッシュした小川。
「今年の目標は昨年よりも少しでも上に行くことです。ショットの調子は悪くないので、パター次第で乗っていけると思います。」

地の利を生かして、小川哲広がスタートダッシュを狙う。

» 前のページに戻る

関連記事

広告