PRGR CUP FINAL 2007

大会ロゴ

大会記事

「今季最後の試合で吹っ切れました!」単独2位 山下和宏

  • photo1

今シーズン幾度と優勝を狙える位置にいながら不完全燃焼に終わっていた山下。
しかし最終戦となるこの『PRGR CUP FINAL』で今季自己最高スコアの『65』をマーク。

この日スコアを7つ伸ばしトータル12アンダー、単独2位で今シーズン最後のチャレンジトーナメントを終了した。

「優勝しかない」そう強く心に誓い臨んだ最終日。
その強い思いが「いつも大事なパッティングが決められなかった」と、いう課題もいつの間にかクリアさせてくれていた。

「これでいいんだ」、そう手ごたえを感じたのは3日目の上がりの4ホール。
15番、16番ホールで連続バーディ。そして最終18番ホールでもしっかりバーディを決め、最終日へと望みをつなげられた。

この日の結果をうけてチャレンジ賞金ランキングは8位へ。今年度のファイナルクォリファイングトーナメントへの出場資格を獲得。
2位から7位までに入っていれば来年のツアー前半戦への出場資格を獲得することができた山下だが、「ファイナルクォリファイングにつながるいいプレーが出来たし、悔しいという思いよりも、この一年良く頑張れたという思いの方が強いです。」と話し、その表情からはこの試合でつかんだ新たな自信に満ち溢れていた。


» 前のページに戻る

関連記事

広告