日本国内プロゴルフトーナメントにおける新型コロナウイルス感染症対策に関するガイドラインを改訂(3月15日改訂)

公益財団法人日本ゴルフ協会、公益社団法人日本プロゴルフ協会、一般社団法人日本女子プロゴルフ協会、一般社団法人日本ゴルフツアー機構、一般社団法人日本ゴルフトーナメント振興協会の5団体によるゴルフ関連5団体新型コロナウイルス対策会議は、「日本国内プロゴルフトーナメントにおける新型コロナウイルス感染症対策に関するガイドライン」を3月15日付で改訂(ver.7)したことをお知らせします。

今回も内閣官房・スポーツ庁の通達や他スポーツ団体の提言を参考にしながら、感染症専門医である東邦大学炭山嘉伸理事長監修の元、編集致しました。

 

今回の改訂は、Ver6付則(111日発出)からは、「対策」に関しては変更ございませんが、以下の基準が変更になっております。

主要な変更点
1.
濃厚接触者の変更:P2223
2.
退院基準の変更:P24
3.
ワクチン・検査パッケージの一時停止:P25
→【開催自治体の警戒レベルに応じた催物制限基準】*2022年開催基準*P4043も更新
4.
水際対策に関する引用を厚労省HPに変更:P72

 

その他、前回(Ver6:823日版)からの変更点は、目次に「NEW」と記載、本文中は「赤文字・下線」で表記しております。

 

(3月15日改訂)日本国内プロゴルフトーナメントにおける新型コロナウイルス感染症対策に関するガイドライン ver.7こちらPDF)

本ガイドラインは政府基本的対処方針等に則り、感染症専門医に監修していただくことを前提としてゴルフトーナメントを計画通りに開催するための指針とするものです。

また感染状況の変化、政府の対処方針の変更等により都度改訂されるものとします。
改訂された場合、速やかに当協会ホームページで公開いたします。

Updated