ISPSハンダマッチプレー選手権(3回戦~決勝) 2017

大会ロゴ

大会記事

20代対決を制した小平智は「マッチは苦手」

  • photo1
  • 出水田(右)との20代対決を制した小平。フェアプレー精神で突き進む

5日火曜日に行われたプロアマ戦の表彰式で、ジャンボ尾崎が「マッチプレーは性格が悪いやつが勝つ」と独特の表現で言ったが、それだからこそ、小平はマッチプレーが苦手だ。

ジャンボは「人の嫌がるパットを入れること」を、その一例に挙げたが、数ある駆け引きの中でも、小平が苦痛を感じるのがグリーン上で“OKを出すタイミング”。

相手が微妙な距離を残した際に、あえて打たせてミスを待つというのも戦術のひとつであろうが、小平はそれが嫌で仕方ない。

「外せ外せ、と思いながら見ているのが嫌。だから1.5メートルでも、僕はぼんぼんOKを出しちゃう」。
そんなところで神経を使うより、いざきよくOKを出して、自分のプレーに全力を尽くす。

「相手のミスを待つよりも、自分が決めて獲る、というのを心がけてやるようにしている。相手が嫌がることを・・・とかいうのを考えたくないから」と、フェアプレー精神に徹することで、勝利の女神を引き寄せる戦法だ。

マッチプレーランキングは4位のシード選手として初めて合流した3回戦は、1回戦から数えて75マッチ目の片岡VS今平組に続く、20代対決。

3つ下の24歳、出水田大二郎は先週も2週連続のV争いを繰り広げるなど「いま乗りに乗っている選手。飛ぶし、曲がらないし、ノーボギーで回って凄く上手かった」と正々堂々とぶつかり、2&1で決着をつけた。

優勝賞金は「それも魅力」と、国内ツアー最高の5000万円を美保さんに捧げるにはあと4マッチ。
「粘り強く自分のゴルフに徹する」。
いまもっとも勢いのある27歳に、駆け引きは無用だ。


» 前のページに戻る

関連記事

広告