レオパレス21ミャンマーオープン 2017

大会ロゴ

大会記事

最終日の鬼の敵は

  • photo1
  • いつもぴしっとしたキョンテが確かにこの日はちょっぴりだるだるモード? 体力回復して鬼の強さを取り戻す

ムービングデーに鬼が選手会長に、猛追した。12番でこの日5つめのバーディで、ついに優作を捕らえた金庚泰(キムキョンテ)。

しかし今年、新開催コースのパンラインゴルフクラブはここからやにわに、難しいホールが続く。
しかも、普段はからっとした天気もこの日は、湿気をはらんでべっとりとした暑さが、鬼を襲った。
「ここから急に体力が落ちてきた」。
鬼の集中力に、ほころびが出た。

13番から連続ボギーを打った。
14番では、左のバンカーから打った2打目も届かず、アプローチも寄せきれず、15メートルのバーディトライ。
エースキャディの島中大輔さんと、しっかりラインを読んで、距離感を確認してきたはずなのに、いざ構えたら「距離感も忘れてしまった。5メートルも残したパーパットを外した。
16番のパーパットも、思考回路が切れて「適当に打ってしまった」と、また外した。
池越えの18番パー5は、丁寧に刻んだ3打目を、優作より内側につけてどうにか1差まで縮めたが、この日はもう限界。
「最終日もまず体力が大事。今日は練習しないで休みます」。
鬼は静かに牙を研ぐ。

» 前のページに戻る

関連記事

広告