レオパレス21ミャンマーオープン 2017

大会ロゴ

大会記事

矢野東はミャンマーで2年連続のV争いも

  • photo1

矢野は自分の詰めの甘さが許せない。最終18番。フェアウェイからクリークを握った240ヤードの2打目は今週のセオリー通り、「奥のVIPテントの壁に当てて、ドロップゾーンからイーグルトライ」と大胆に行くつもりが、「最後の最後で不安が出た」。

先週は、今季初戦のシンガポールから新しく入れたフェアウェイウッドが捕まりがちなのが気にはなっていた。
この大事な場面でも「真ん中狙いのショットが、ドロー目がかった」と案の定、左に飛んだ球は池に落ちた。

打ち直しの4打目は、ピンまで5メートルに乗せたパーパットを外して思わず自分に「へたくそ!」。
通算9アンダーで上がって「しょぼいな」と、肩を落とした。

10番から連続バーディを奪ってその時点で首位とは2打差。
またミャンマーで、V争いに加わった。頂点をもにらんで通算スコアで「11では上がらなきゃダメだ」と目標スコアで終われば2年連続の2位も「今年は違う、意味合いになった」。

昨年は、3年前のシード落ちから復帰元年も賞金ランキングは第二枠からの参戦で、その2位で中盤以降の出場優先順位の組み替えも気にせず戦えることがまずは、嬉しかったが「今年はもう少し上のステップでやりたいと思ってきている」。

それだけに、大事な上がりのパー5でボギーに終わった自分が許せない。「相変わらず下手くそ。どうすれば、上手くなるのは教えて欲しい」。

初日の最終ホールで今年は「パットには、良いひらめきがあった」とささやかなミャンマー土産も、最終ホールの悔しさを払拭できるわけがない。

» 前のページに戻る

関連記事

広告