カシオワールドオープン 2017

大会ロゴ

大会記事

時松隆光は1打差の逆転負けに泣く

  • photo1

思わずゆがめた表情を、両手のひらで覆った。容赦なく降り注ぐ雨の中で、無念さをむき出した。
タイスコアで迎えた18番。奥から4メートルのパーパットを外した。ゲンちゃんが、逆転負けを喫した。

10月のブリヂストンオープンでツアー2勝目を飾ったが、あれは36ホールの短縮Vだった。改めて迎えた72ホールでのV3のチャンス。

前の組で回ったスンスとタイスコアで並んでいる、と確認してから打った左バンカーからの4打目。
「最低寄せワンかあわよくば、入ってくれたら」。
果敢に狙っていったが、ピンをオーバー。
返しのパットも入れ損ねた。
最後のパー5でまさかのボギーに終わって、つかみ損ねた。
「自分のプレーは出来ていたと思うんですけど」。
この悔しさは、次週いよいよシーズン最後の頂上決戦にぶつけてみたい。

» 前のページに戻る

関連記事

広告