トップ杯東海クラシック 2017

大会ロゴ

大会記事

大澤和也さんが初の決勝進出でベストアマ

  • photo1

地元愛知県瀬戸市の出身で、今年の日本アマを制した大澤和也さんが、三好でベストアマチュア賞を受け取った。優勝した小平は、日大の先輩。現役3年生がOBと表彰式で肩を並べた。

今年は出場アマ7人中ただひとり、決勝ラウンドに進んだ大澤さん。
18番こそ2メートルのチャンスを逃して「入れたかった」と悔しがったが、最終日の“アーメンコーナー”で、片鱗を見せつけた。

16番は、屈指のパー3で6メートルのチャンスを沈めた。17番では8番アイアンで1メートルにつけると、連続バーディを奪ってみせた。

前半は5番のボギーを引き金に崩れかけたがツアーのサンデーバッグナインで、盛り返してきた。
「僕には失うものは何もない。狙って行こう」と後半は果敢に攻め続けた。

このあとは国体に出て、日本オープンとブリヂストンオープン、「そのあとは大学の試合もある」と5連戦。これからプロばりの過密スケジュールが待ち受けるがその前に、自身3試合目のツアーで初めての予選通過を果たして「プロの方とはパッティングの差が大きいと思った。これからは、そこを課題にしていきたい」。貴重な経験は、必ず成長の糧になる。


» 前のページに戻る

関連記事

広告