ミュゼプラチナムオープン 2015

大会ロゴ

大会記事

小池一平は20代最後の試合で

  • photo1

後半は5番からの3連続バーディで、ぐぐっと2位タイに浮上。「今日は、比較的フェアウェイに行ったし、最高のスタートが切れました」。地元山梨県の大会で、自信をつけた。

やはり、新規開催のISPSハンダグローバルカップは最終日にあのイアン・ポールターと回って、優勝争いを繰り広げて一躍地元のヒーローに!
「たくさん、メールや電話もいただきまして」と、故郷で記録した自己ベストの4位タイを弾みにしたい。

5年前から、スーパー銭湯にはまっており今週は兵庫県の西脇市内に宿を取り、毎日約1時間。「出たり入ったり」を繰り返すサウナ三昧。4つ年上女房の菜美子さんと時間を待ち合わせて、たっぷり汗をかいてもなかなかおなかのぽっこりはヘコまないが、この日初日は不快指数100%に近い湿度と気温の中でも、めげずに好発進は、銭湯で免疫が出来ているから?!

次週の14日に30歳の誕生日を控えて、今週はいよいよ20代最後の試合。
プロ転向8年目は、なかなか出場権さえ恵まれない年もあり「苦しいことのほうが多かったので。今週は20代最後のご褒美になれば最高ですね」。上昇気流に乗りたい。

» 前のページに戻る

関連記事

広告