ミュゼプラチナムオープン 2015

大会ロゴ

大会記事

女性に優しいトーナメントを目指して・・・!

  • photo1

今年、華やかに誕生したミュゼプラチナムオープンは、女性に優しいトーナメントを目指して、女性の入場料を無料に。女性限定のレッスン会なども合わせて、「美しき男たちの戦い」を観戦に、たくさんの“ミューズ”に足を運んでいただきました。

また11日土曜日を、乳がんの早期発見と検診の大切さを訴える世界的な啓蒙運動にちなんで「ピンクリボンデー」と名付けて、服や小物にピンクを身につけて来場してくださったみなさんに、共同主催のJGTOのボールマーカーをプレゼントしました。

その日は一部の選手やボランティアのみなさん、スタッフも、みんなピンクのウェアを着て大会を盛り上げるとともに、女性の健康をみんなで考える1日となりました。

会場では史上初の試みとして毎日、乳がんの無料検診を実施。4日間で、221人の女性ギャラリーがクラブハウス前のピンクバスで行われたマンモグラフィー検診を体験しました。

大会を通じて集まったチャリティ金も、「認定NPO法人乳房健康研究会」に寄贈。これからも「ミュゼプラチナオープン」は、女性にいっそう優しいトーナメントを目指して、成長をしてまいります。


» 前のページに戻る

関連記事

広告