ダンロップ・スリクソン福島オープン 2017

大会ロゴ

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

宮本勝昌が、人生最後の優勝をもう一度

来月にも45歳が、4回大会を制した。復興支援を掲げて始まった今大会で、「優勝できたことが嬉しい」と、福島のゴルフファンを喜ばせた。 1打差の首位で迎えた18番は、「ティショットも100点。セカンドも、100点。この緊張感の中で、ここまで完璧が2回続くことは今までなかった」。 フェアウェイの真ん中で、スプーンを持った2打目は「副交感神経か、アドレナリンか。集中力を高めて打つことが出来た」と奥 ...

小鯛竜也が自己ベストの6位に

今週のベテラン覇者にもその実力をみとめられた27歳が、大躍進した。恒例のバーディ合戦で、前日3日目にイーブンパーと伸び悩んだ悔しさを、最終日にぶつけた。  ...

タイのホストプロ! チャプチャイ・ニラトがホールインワンを達成

スリクソンのボールと、スリクソンのアイアンで最終日に快挙が生まれた。タイ出身のホストプロが、12番のパー3を1打で入れた。  ...

ベストアマチュア賞は比嘉一貴さん

最後の最後に、先輩の貫禄を見せた。ベストアマチュア賞は、東北福祉大の先輩後輩対決を、比嘉さんが制した。  ...

祝・アベックV!

今年の第4回大会も、ウタちゃんにとっては最後の夏。2年連続の晴れ舞台は今年もまた、心をこめてリーダーを送り出した。  ...

DAY 3

復活のチャンス! 貞方章男が1打差

15番の2打目で、とっさにクラブを持ち替えた。「7番から8番アイアンに変えたけど、もともとのクラブで打ちゃ良かった」。風の読みを間違えて、手前に落とした。  ...

40台なかば! 丸山大輔と宮本勝昌もバーディ戦で発奮

大会は、今年も激しいバーディ合戦に2人のベテランも加わった。最後のバーディ締めには「踏みとどまれた。可能性を残した」と、声を揃えた丸山と宮本。  ...

秋吉翔太は2罰打にも

最初から、意見は食い違っていた。秋吉には自覚はなかった。プリファードライが適用されたこの日、15番のグリーン周りでの秋吉の処置について、同組のI・H・ホから違反があったとの指摘を受けても、すぐには受け入れられなかった。  ...

塾生! 山路幹さんが、先輩との熾烈なベストアマ争いに挑む

この日、きゅうきょ福島中央テレビのテレビブースに座った中嶋の目尻が下がった。プロの試合で堂々と、決勝ラウンドに挑む東北福祉大3年の山路幹(やまじみき)さんと、そのバッグを担ぐ妹の晶(あきら)さんは、中嶋が茨城県の宍戸ヒル ...

第4回しらかわスナッグゴルフ大会に7校28人の小学生が参加(7月29日)

ダンロップ・スリクソン福島オープンが開催されている、グランディ那須白河ゴルフクラブ。  ...

最終日は大混戦

第3ラウンドが終わった直後は、首位タイに3人が並んだ。しかしその後の裁定で、秋吉翔太が15番での違反行為の2罰打を受けて、結局リーダーは2人でも、混戦模様には変わりない。  ...

DAY 2

ANの豪華解説が実現!

レジェンドのホストプロは予選ラウンドで戦いの場を下りたが、29日土曜日はクラブの代わりにマイクを握ることになった。 スリクソン契約プロの中嶋常幸がきゅうきょ、テレビ解説の青木功とテレビブースに座ることになった。 「昔なじみの青木さんのことは、何でも知っている。感覚派だけれど、うまくキーワードを振ると素晴らしい名言を引き出せる。僕はそのコツを知っている」と中嶋。 ANによる、掛け合 ...

目指すは日本新記録。I・H・ホが2打差の首位に

決勝ラウンドは、もはや自分との戦いだ。2年の兵役から戻ったばかりのIHホが目指すは3年前に自身が出したツアーの最多アンダー記録の更新だ。  ...

4年ぶりのV3を狙う、藤本佳則のモチベーション

思い出の東北で、久しぶりのVなるか。藤本が、ボギーなしの66で回って優勝争いに加わった。  ...

予選カットもちらついた。宮本勝昌が3位タイ

2日目は15番でボギーが先行して、予選通過のボーダーラインさえちらついた。  ...

秋吉翔太はV争いも、ホークスには負けた?!

2日目もまた、ボギーが先行したが「まだ17ホールもある」と、不安はなかった。ショットも、パットも好調が続いていた。4番で、2メートルを沈めてすぐに取り返した。6番では、右から「少し遠め」の15メートルが入った。奥にこぼし ...

祝イケメン対決制覇! 小鯛竜也がV争い

開幕前の前哨戦を、僅差で制した小鯛が、本戦でも好位置で決勝ラウンドに進んだ。火曜日に、JGTOのインスタグラム ...

髙橋竜彦がチャリティ活動に参加

来春は、奥さまの故郷で一大イベントが開かれる。福島県の南相馬市で行われる「第69回全国植樹祭」は復興のシンボル事業として、天皇皇后両陛下もお越しになるそうだ。  ...

DAY 1

ミッキーマウスに癒やされた?! 今平周吾が首位タイ発進

すっかり気持ちを切り替えて、戦いの舞台に戻った。初日から、大量アンダーに成功した。「今日はアイアンが良かったので、チャンスについた」と、スタートの1番ではピッチングで20センチにつける、絶好のバーディ発進。2番では3メートルも沈めて連続バーディを奪った。弾みをつけて、65で上がってきた。 いつも冷静沈着に見える選手が珍しく、感情をあらわにしたのが3打差の3位に終わった直近の「長嶋茂雄 INV ...

銀髪にピアス。韓国のI・H・ホがスコアでもアピール

昨年まで2年のブランクを経て、ますますファンキーだ。朝から偏頭痛に悩まされたこの日は、あえて無帽でさらした銀髪に、ピアス。アルマーニのサングラスという出で立ち以上に、スコアでも目立ちに目立った。  ...

山下和宏は「賞味期限がやばい」

カニばさみのクローグリップで、この日最後の6メートルのチャンスも入れた。「今日はパットが良く入ってくれた」と、66で回ってきた。  ...

祐樹と祐生、どちらもゆうき。同名のホストプロが好発進

2人のゆうきが好スタートを切った。4位タイの佐藤も、北川も大会を代表するホストプロ。  ...

祝・初マンデー突破! 秋吉翔太もホストプロ

今月22日に27歳を迎えたばかりの秋吉もホストプロ。「契約プロとしても出たいという気持ちが強かった」と、今月11日に行われた「東北チャレンジ」で、6位につけた。いわば、マンデートーナメントを兼ねた同チャレンジで、今季初の ...

選手会副会長が存在感

涼しげなストローハットもキマっている。今季のジャパンゴルフツアーを支える選手会“副”会長が、本業でも存在感を示した。初日、5アンダーで回ってきた横田真一。  ...

今年も古閑美保さんの観戦ツアーを実施

昨年、初の試みで大好評だったトッププロによる生解説観戦ツアーに今年も古閑美保さんが登場します。  ...

PREVIOUS

ふくしまのゆうべを開催

今年も、ふくしまの豊かな食材と、ふくしまのみなさんの暖かな心に励まされて、選手たちはいよいよ大会初日を迎える。 第4回を迎えた「ダンロップ・スリクソン福島オープン」は、今年も開幕前日に、「ふくしまのゆうべ」を開催。出場選手を代表して昨年覇者と、ホストプロたちがおもてなしを受けた。 ゲンちゃんはシェフ特製鍋でご満悦。時松隆光の地元福岡にちなんだもつ鍋も、すべて福島産の食材で作られている。 ...

時松隆光は「プレーでお見せできれば」

昨年は史上最多の通算25アンダーという、ビッグスコアで初V達成も、「よくあんなスコアが出たもんだな」と、首をかしげた。  ...

フォロワー5000人突破記念!

選手会長がはるかイングランドから、はや福島入りした。この日26日に宮里優作が、東京発9時16分のなすの255号で会場入りした。  ...

夏期4試合に限り、ゴルフ用半ズボンを解禁!

不幸中の幸いだった?! 水曜日は大学の先輩の藤本佳則と、練習ラウンドに出た塩見好輝。  ...

ファンミーティングを開催

ゲンちゃんには、連覇を狙う直前に大切な前哨戦?!  ...

ジュニア育成プログラムを実施

この日は、あいにくの雨さえも、福島の子どもたちには何よりの教材だ。スタート前に、顔合わせをかねた練習場でのレッスン会が悪天候で中止となり、雨中のラウンドレッスンは、ぶっつけ本番となったがそれもまた一興である。  ...

いよいよ今週は福島が熱い!

グランディ那須白河ゴルフクラブで行われる「ダンロップ・スリクソン福島オープン」の本戦週の25日の火曜日に、昨年覇者のゲンちゃんが登場だ。  ...

広告