ブリヂストンオープン 2017

大会ロゴ

大会記事

DAY

Unisys Scoring System

DAY 4

運も味方に・・・!! 時松隆光が通算2勝目

最終日を戦わずして、ツアー2勝目を飾った。それでも普段どおりにスタートの2時間前にコース玄関に車をつけて、フロント前で満場の拍手で迎えられても「1勝目は運。2勝目でやっと実力と言いますが、僕は2勝目も運でした」と、恐縮した。 「次は、72ホールやって3勝目で認められるようにしたい」と謙虚に言ったが前日3日目の第2ラウンドでは土砂降りの中で、平均飛距離268.75ヤード(今週2日間計測分)の選手が ...

★今週のJGTO TV★

<最終日>  ...

先輩の重永亜斗夢は時松を祝福

前夜は、気になってなかなか寝付けなかった。「明日は、やるのかやれないのか」。今朝も、6時50分のアラームより早く目覚めて、そのころにはすでに、中止の決定がHPに載っていた。  ...

最終日のひきこもごも。大堀裕次郎は眠れぬ夜に

最終日の中止は決まったが、早朝の袖ヶ浦は片付けに追われる選手たちでごった返していた。フロントで精算を待つ列に、まぶたを腫らして並んでいた大堀。  ...

清水大成さんがベストアマを獲得

ベストアマチュア賞も、36ホールでの決着となり「今日も出来ればやりたいな、と思ってました」と、日大1年の清水さんも残念そう。  ...

“チームB”から感謝をこめて

ブリヂストンの契約プロたちにとっては特に、残念な最終日となった。みなやる気満々で予定どおりにコースには来たが、早朝から強い雨と風に、さすがにこの状況ではやむなしと、荷物をまとめた。  ...

最終日は中止

ブリヂストンオープンの最終日は、超大型の台風21号の接近を受け、早朝より悪天候を考慮して、最終日の中止を決定しました。競技は36ホールの成立とし、前日の第2ラウンドで単独首位に立っていた時松隆光が優勝。賞金加算は50%と ...

DAY 3

時松隆光が2勝目の大チャンス

波乱の匂いがする最終日を前に、2打差の単独首位に立った。大型の台風接近に伴う豪雨の中で、時松が7アンダーを出した。 ゴルフを始めたときからのベースボールグリップは、こんな雨の中でもしっかり握れて「滑るとかはそんなにない」と本人も、言った通りに悪天候の強みかもしれない。 9月のANAオープンで、池田勇太とプレーオフを競り合ったあとから、ますます回復傾向にあるショットにも、不安はない。ブリ ...

重永亜斗夢は最終日の前に追いつけなかった・・・

連続バーディで始まったインスタートの10番から序盤で3つ、スコアを縮めた途端に気持ちのスイッチが入った。  ...

今平周吾は台風下の決戦希望

最終日の悪天候を見越して今平だって、この日のうちにトップに立っておきたい気持ちで一杯だった。しかし「天候が難しかった。アイアンが思うように打てなかったので、チャンスがなかなか来なかった。もう少しバーディが欲しかった」と後 ...

岩田寛は「1人でもやります」

米ツアーでシード落ちからの再起を目指しているのは石川だけではない。岩田もまた、懸命に泥沼から這い出ようとしている。  ...

秋吉翔太は6位に浮上も

2週前に、出場優先順位を入れ替えたフォールシャッフルで滑り込み、先週は日本オープンの大舞台で自己ベストの4位に入った。54ホールの短期決戦が決まった今週も、第2ラウンドで6位とプロ9年目の初シード入りに向けて、ますます躍 ...

マット・クーチャーは1アンダーで最終日へ?!

あれほど悪天候の中でも、4459人もの大ギャラリーを集めた3日目。招待選手のホストプロが雨中の「ク~~~~~!」のかけ声に、やっと応えることが出来たのは16番。  ...

石川遼は2週連続の予選落ち

シード落ちを喫した米ツアーからの再起をかけた闘いは、6年ぶりの袖ヶ浦でも2日間で終わった。石川は2週連続の予選落ちを喫したが、この日は「昨日終わった後の練習で、だいぶ掴んできた感触があったので」と、前日よりもドライバーを ...

DAY 2

初出場でも、懐かしの袖ヶ浦。星野陸也が首位タイに

大会2日目に、改めてスタートした第1ラウンドは、首位に5人が並ぶ雨中の大混戦に、21歳が名前を並べた。今週は、水曜日の公開練習日に、久しぶりに一緒に回った。同じマネジメント事務所で、兄貴分の石川遼が、出遅れた分だけしっかりと5アンダーで回った。 「フェアウェイをキープして、グリーンに乗っけてチャンスについたらそれを沈めて。今日は完璧なゴルフでした」。 自画自賛の66は8番で2メートルと、1 ...

46歳の自虐。丸山大輔は「今の僕にちょうどいいのは・・・」

一時期、JGTOのプロフィールの出身地を小3まで過ごした愛知県で申請していたが、今年はまた、住まいのある千葉県に戻した。  ...

武藤俊憲は前半・後半で一転、首位へ

じっと我慢のゴルフから一転、後半6つのバーディで盛り返してきた武藤。  ...

功名の喉バージョン?! 大堀裕次郎がかすれ声の首位発進

病身には、なおさら堪える冷雨の2日目。大ピンチの後半3番で今日イチが出た。左に曲げたティショットは木の根っこにくっついた。アドレスも取れず、仕方なしにPWを逆打ちで握った2打目はおもいのほか上手く脱出できた。  ...

イーグル締め! 清水大成さんは金谷さんを刺激に

今年の日本学生を制した日大1年の清水さん。自身4度目のプロツアーは先週の同級生の活躍が、大きな励みだ。  ...

マット・クーチャーは1アンダーの滑り出し

リオ五輪の銅メダリストは、一進一退のゴルフ。「バーディチャンスがもう少し、決まれば」。  ...

石川遼は我慢の末のドライバーに光明

6年ぶりの袖ヶ浦で、我慢を強いられた。ドライバーの不振を補うために、スプーンを多用する戦略をとった石川。  ...

DAY 1

第1ラウンドがスタート

悪天候によるコースコンディション不良のため、スタートできないまま初日が中止となったブリヂストンオープンは、20日金曜日に第1ラウンドがスタート。招待選手のホストプロ、クーチャーは「ク~~~~ッ!!」。 米ツアーではすっかりお約束。15年ぶりの日本ツアーでもギャラリーが愛称で呼びかける中で、気分よくバーディ発進した。 なお大会は、54ホールの短縮競技で行われる予定です。  ...

大会初日は中止、ゲームは54ホール短縮へ

悪天候によるコースコンディション不良のため、初日の第1ラウンドは今季初の中止が決まった。10時50分の一報を聞くなり選手たちは傘もささずに、雨の中を飛び出した。  ...

イマドキは、インスタで時間つぶし?!

最初は45分の遅延から始まり、それから1時間ごとに、スタートが遅れる知らせが入った。最大11時45分まで引っ張る4度のアナウンスも、結局10時50分に初日の中止が決定した。  ...

マット・クーチャーは中止の知らせに「明日からミスできない」

雨に濡れるコースを見ながら、クラブハウス2階のソファに腰掛けスタートを待っていたクーチャーだが15年ぶりの日本ツアーは初日に中止の知らせ。  ...

PREVIOUS

ク~~~~~ッ!!!

今年、袖ヶ浦にやってきたのは、リオデジャネイロのメダリスト。大会前日18日のこの日はうっかり「ホテルの部屋に置いてきた!」と、地元小学生を相手に、社会見学会の模擬会見を一緒に体験したときに、子どもたちにも見せてあげられなかったのが残念だが昨年、星条旗を背負って掴んだ五輪の銅メダルは、今も誇りだ。 「国と家族のために、獲ったメダルですから」と、誇らしげに、「今でも見せて欲しいと言われることがあ ...

初日のスタートは遅れています

大雨のため、ブリヂストンオープンの第1ラウンドは、スタート時間を遅らせています。  ...

初日はクーチャーと同組。石川遼は髪はすっきりしたが・・・

髪はすっきりしても頭の中は、まだ晴れない。開幕前日の水曜日は弟分の星野陸也らと18ホールの下見を終えると練習場に直行。日没ぎりぎりまで球を打ったが「今日も納得いくショットが打てたのは、最後の4、5球だけ。先週末から何千球 ...

祝誕生日! 片岡大育はホスト試合でこそ大泣きしたい

18日練習日の公開ラウンドは、やはりホストプロの3つ下の後輩の木下稜介(写真左)と共に、将来有望なジュニアたちを引き連れ、「さあ、みんなでヘン顔しよう!」。言ってみたはいいけど、あれれずるいぞ、ジュニアの2人ぃ~~~!  ...

小平智が連覇で狙う、複数回V

賞金1位で舞い戻る。大記録を達成した思い出の舞台は千葉県の袖ヶ浦カンツリークラブ。昨年は、初日の首位とは実に、13打差からの大逆転Vだった。  ...

広告