ゴルフ日本シリーズJTカップ 2016

大会ロゴ

トーナメントトップ

  • ROUND 4
  • Updated 12/04 14:51
Position Score Player Money Rank Today Hole 1 2 3 4 Total Share
1 -13 朴相賢(パクサンヒョン) 8
-5 FIN 66 65 71 65 267 ¥40,000,000
2 -12 金庚泰(キムキョンテ) 3
-5 FIN 68 66 69 65 268 ¥10,403,864
-12 池田 勇太 1
-4 FIN 68 67 67 66 268 ¥10,403,864
-12 小平 智 6
-1 FIN 66 66 67 69 268 ¥10,403,864
5 -11 谷原 秀人 2
-6 FIN 65 68 72 64 269 ¥5,171,593
大会名称
ゴルフ日本シリーズJTカップ
開催回数
第53回
開催期間
2016年12月01日~12月04日
開催コース
東京よみうりカントリークラブ
公式サイト
大会公式サイトへ
大会ロゴ
主催
株式会社 報知新聞社
読売新聞社
日本テレビ放送網株式会社
特別協賛
JT
協賛
日産自動車、ブリヂストンスポーツ
後援
日本ゴルフ協会(JGA)、稲城市、よみうりランド、読売テレビ
特別後援

協力

特別協力

賞金総額
130,000,000円
優勝賞金
40,000,000円
優勝副賞
チャンピオンブレザー
大ペナント
JTカップ
日産自動車賞 スカイライン
ローアマ

特別賞
  • ホールインワン賞
    No.18H(227yds/Par3) ※大会期間中
    賞金200万円とテーブルマーク 冷凍「さぬきうどん」 1年分 提供:JT ※該当者全員
  • イーグル賞
    No.17H(535yds/Par5) ※最終日
    賞金50万円とテーブルマーク パックごはん「新潟県産こしひかり」 1年分 提供:JT ※該当者全員
  • ベストスコア賞
    各日、複数均等割
    賞金200万円(1日50万円×4日間)提供:JT
  • 大会レコード賞
    ※本大会終了時点をもって、新たに大会レコードホルダーと認定されるもの
予選カットラウンド
なし
上位カットライン
なし
組合せ
1日目:1Way 2日目:1Way 3日目:1Way 4日目:1Way
ドライビングディスタンス
06番ホール 12番ホール
出場選手
30名

前売り券

12月1日(木)・2日(金)各日3,000円(税込)
12月3日(土)・4日(日)各日4,000円(税込)

当日券

12月1日(木)・2日(金) 4,000円
12月3日(土)・4日(日) 5,000円

大会の模様は下記テレビ局でお楽しみください。

放送日 放送時間 放送ラウンド 放送局
2016年12月01日 14:15~16:15 Round 1 CS日テレG+
2016年12月02日 09:00~15:15 Round 2 CS日テレG+
2016年12月03日 08:45~13:30 Round 3 CS日テレG+
2016年12月03日 13:30~14:55 Round 3 日本テレビ系列全国ネット(LIVE)
2016年12月04日 08:30~12:30 Round 4 CS日テレG+
2016年12月04日 15:00~16:55 Round 4 日本テレビ系列全国ネット(VTR)

※放送日時および放送内容は変更になる場合がございます。

  気象区分 風向き 風速(m/秒) 気温(度/摂氏) ギャラリー数
DAY1: 雨のち晴れ
北北東
1.3
13.3
2,003人
DAY2: 快晴
北東
1.6
14.2
3,744人
DAY3: 快晴
北東
1.6
15.1
5,809人
DAY4: 晴れ
西南西
0.7
13.9
9,034人

朴相賢が劇的初V 大会史上初の韓国人覇者に

最後まで、熾烈な賞金レースに大いに沸いた今年のシーズン最終戦で、それに負けじと最後に劇的Vを飾ったのは、韓国の朴相賢(パクサンヒョン)。 自身初の日本ツアー初Vで、大会に新たな歴史を刻んだ。 1打差で迎えた屈指の最終18番パー3で、右のラフからチップインバーディで、追いついた。 58度のウェッジを握りしめたピンまで9ヤードのアプローチは「10回打っても無理。100回打っても1回入るか ...

DAY4

池田勇太は勝って、決められなかった

今年6度目の2位に終わった賞金王は、18番グリーンを不満そうに下りてきた。「うちのジイさんが、言いましたよ。“2位もビリも一緒。優勝しなきゃ意味がない”」。昨年5月に天国に逝った祖父の直芳さん。育ての親でもある。  ...

DAY4

2016年の賞金王が歩んできた道のりを、ダイジェストで

ツアー史上に初めて「池田勇太」の名前を載せたのは2002年。  ...

DAY4

2016年の賞金王の転機になった一戦とは

特に終盤こそ谷原との抜きつ抜かれつの賞金レースで、池田がターニングポイントに上げた1戦は、アジアと日本の共同主管を制したパナソニックオープンでも、翌月曜まで持ち越したプレーオフ9ホールを勝ち抜いた「本間ツアーワールド」で ...

DAY4

賞金2位はやっぱり最後まで、諦めない男

7月の2週連続Vで、中盤こそ谷原秀人が優位に運んでいた賞金レースも、終盤に近づくにつれて、もつれにもつれた。特に10月に入ってから先週までの9試合では、池田が優勝2回、2位4回。  ...

DAY4

最終日は全員出席の表彰式

シーズン最終戦は全員出席の恒例の表彰式で、今年は新たな顔が、選手を代表してマイクを握った。主催者が用意してくださったお揃いのベンチコートを脱いで、登壇した優作。  ...

» 前日までの記事をみる

Photo Gallery / PREVIOUS

広告