選手写真

プロフィール

ショット写真

 中学卒業後、東京都民ゴルフ場にキャディとして就職。その後、我孫子GCなどで腕を磨き、1964年にプロ入り。71年の『関東プロ』で初優勝を飾った。持ち球をフックからフェードに変えた73年に5勝と大活躍。当時は波の大きいゴルフだったが徐々に粘りのゴルフに転換し、76年には1勝ながら初の賞金王を手にした。
 78年からは4年連続賞金王。同時に海外でも活躍し始めた。78年に英国開催の『ワールドマッチプレー』で優勝し、80年の『全米オープン』ではジャック・ニクラウスと争って2位。同年の『全英オープン』3日目には今もメジャータイ記録である63をマークした。
 81年には米国ツアーのライセンスを取得。83年の『ハワイアンオープン』で初優勝を果たした。82、83年には米国ツアーでサンドセーブ率1位に輝いている。89年には豪州ツアーの『コカ・コーラクラシック』を制し、日米欧豪の4ツアーで優勝という快挙も達成した。
 92年からは米国シニアツアーに参戦し、通算9勝。97年の『エメラルド・コースト・クラシック』2日目には当時同ツアー新記録の60をマークした。
 04年には日本人男子として初の世界ゴルフ殿堂入りを果たし、13年には日本プロゴルフ殿堂入り。15年には旭日小綬章を受章。男子プロの叙勲は安田幸吉、中村寅吉に次ぐ3人目だった。16年3月にJGTO会長に就任。『中日クラウンズ』では右足痛で初日途中棄権となったが73歳241日という史上最年長出場(73年のツアー制度施行後)の記録をつくった。

選手名 青木 功 (アオキ イサオ)
所属先 フリー
生年月日 1942年08月31日
出身地 千葉県
身長 180cm
体重 80kg
血液型 B型
出身校 我孫子中学
趣味 釣り
ゴルフ歴 14歳~
スポーツ歴 野球
得意クラブ サンドウェッジ
愛車
アマチュア時代の戦歴
ツアープレーヤー転向 1964年12月01日
ツアーデビュー戦 1965年--月--日 関東プロ
QT受験回数 -
師弟関係 師匠:林 由郎
ホームページ http://www.isaoaoki.com/

広告