選手写真

プロフィール

ショット写真

 13歳でゴルフを始め、ゴルフアカデミーで1日800球の打ち込みをして上達していった。アーニー・エルスにあこがれてプロになろうと決心し、高校2年時の2009年に韓国のプロテストをトップで合格した。
 日本ツアーには13年から参戦。8試合目の『ミズノオープン』で早くも初優勝を飾る。初日94位から巻き返し、最終日はホールインワンを含む66で回っての逆転劇だった。当時19歳、73年のツアー制度施行後では石川遼に続く2人目の10代優勝だった。翌12年の『カシオワールドオープン』で2勝目を挙げ、13年はイーグル率とトータルドライビングで1位に輝く。14年は韓国で初優勝。15年の『カシオワールドオープン』では石川遼との激戦を最終ホールのイーグルで決着をつけた。
 17年は『パナソニックオープン』で逆転負けを喫するなど日本では優勝に届かなかったが、韓国では『KPGA選手権』で優勝を果たしている。 

選手名 黄 重坤 (ハン ジュンゴン)
所属先 フリー
生年月日 1992年05月16日
出身地 韓国
身長 178cm
体重 75kg
血液型 A型
出身校 楽生高校
趣味
ゴルフ歴 13歳~
スポーツ歴
得意クラブ パター、ドライバー
愛車
アマチュア時代の戦歴
ツアープレーヤー転向 2009年10月29日
ツアーデビュー戦 ----年--月--日
QT受験回数 1回
師弟関係 Park Yon Tae
ホームページ -

広告