選手写真
  • 中村 通

  • Toru NAKAMURA

  • サントリー

プロフィール

ショット写真

かつてはランキングがトップ10の常連だった。80年には前年のランク2位により『マスターズ』にも招かれるほどの実力者である。大阪・茨木市出身で、小学時代から近くのゴルフ場を遊び場にして育ち、68年秋、17歳でプロテストに合格した。杉原輝雄門下の俊英として国内ツアーやアジアサーキットなどで活躍する姿は、まさに日本のツアーの中核を担うプレーヤーだった。 その中村が80年代中盤からどういうわけか1年ごとにランキングが上下するようになった。技術的にはグリーン回りのショートゲームに自信を失ったり、さらには体調面での好不調という事も手伝って、シード権を失うほどではないものの94年ツアーではシーズン途中に左手のケンショウ炎が悪化。4ヶ月も戦列を離脱し、ランキングも85位まで落ちて21年間続いた賞金シードを失ってしまった。もっとも“3億円シード”で95年は33試合に出場でき、『大京オープン』の2位なのでランキングは41位まで上昇、賞金シード復活を成功させた。そのしぶとさから“日本ツアーで、1勝もしなくとも賞金王を取る可能性があるのは中村くらい”と評された。事実81年には1勝もしないでランキング4位に入ったこともあるほどだ。<1998>

選手名 中村 通 (ナカムラ トオル)
所属先 サントリー
生年月日 1950年10月31日
出身地 大阪府
身長 168cm
体重 63kg
血液型 A型
出身校 茨木市立豊川中学
趣味
ゴルフ歴 11歳~
スポーツ歴
得意クラブ
愛車
アマチュア時代の戦歴
ツアープレーヤー転向 1968年10月31日
ツアーデビュー戦 ----年--月--日
QT受験回数 0回
師弟関係 師匠:今田 慶之助
ホームページ -

広告