OTHER STORIES

2018年度のツアー日程を発表(2017年12月19日更新)

  • photo1

一般社団法人 日本ゴルフツアー機構(JGTO)は19日、2018年のレギュラーツアーの日程を発表し、来年度は25試合、賞金総額は35億775万円で開催することになった。

海外初戦は2018年度も「SMBCシンガポールオープン」から、国内初戦は「東建ホームメイトカップ」を国内開幕戦としてスタートする。

※2018年のツアートーナメント日程

なお、チャレンジトーナメントの日程は、来年度に改めて発表することとする。

またJGTOは、合わせて2019年度からの出場資格の変更を発表した。

主な変更点はまず、2015年度から賞金ランキング上位60人までをいわゆる“第一シード枠”、また上位61人目から75人目までを“第二シード枠”として、出場資格を与えてきたがこれを廃止。
2018年度の賞金ランキング上位65人までを、翌年1年間の出場資格を得る“シード選手”として認めるものとする。
同時に、2015年度から実施してきた“フォールシャッフル”も、2019年度から廃止する。

また、QTランキングの1位者に、翌1年間の出場資格を与える。

チャレンジトーナメントの1位者をのぞく上位20位までと、QTランキングの1位者をのぞく上位20位までの選手に、第1回リランキングまでのツアー出場権を与える、など。

» 前のページに戻る

関連記事

広告