OTHER STORIES

第4回香川県スナッグゴルフ交流大会を開催(12月23日)

  • photo1
  • photo2
  • photo3
  • photo4
  • photo5

年末の恒例行事となっている、香川県スナッグゴルフ交流大会が、高松市立東部運動公園で行われ、小学生など76人が参加して個人戦やペア戦で競い合った。

今年最後の大会とあって、香川県内のみならず、徳島に高知、瀬戸内海を渡って広島県や岡山、更には三重県からの参加もあり、交流大会の名にふさわしい広範囲からの参加となった。

高松市立東部運動公園のサッカー場は、全面が鮮やかなグリーンの人工芝で、ゴルフ場と遜色ない最高のコンディションのなかで、午前の部は中学生以上が、午後の部では小学生の個人戦が行われ、全国的にもレベルの高い、広島県から参加の能井和花さんと澁谷和実さんがそれぞれの部門で優勝した。

2009年8月に広島県で始まったスナッグゴルフ支援自販機の寄金による、小学校へのスナッグゴルフ導入の活動は、追いかけるように翌年の2010年8月から香川県でも始まり、現在までに県内14校の小学校に用具が寄贈されている。


第4回香川県スナッグゴルフ交流大会 成績上位 9ホール/600ヤード/パー36

●個人戦(小学生高学年)
優勝能井和花(広島・東西条小学校6年) 26
2位 森彩純(徳島・土成小学校6年) 27
3位 山本有希(広島・東西条小学校4年) 28
●個人戦(小学生低学年)
優勝 澁谷和実(広島・東西条小学校2年) 29
2位 能井穂依(広島・東西条小学校3年) 32
3位 吉野暢陛(香川・栗林小学校2年) 32
●個人戦(中学生以上)
優勝 十鳥圭司 27
●ペア戦
優勝 井上姫花ペア 26

» 前のページに戻る

関連記事

広告