HEIWA・PGM Challenge I ~Road to CHAMPIONSHIP 2018

大会ロゴ

大会記事

復活への手応え!河野祐輝が単独首位スタート

  • photo1

2018年AbemaTVツアー『HEIWA・PGM Challenge I ~Road to CHAMPIONSHIP』が開幕。大会初日、単独首位に立ったのは6バーディ、2ボギーの4アンダー68をマークした河野祐輝。前週は『日本プロゴルフ選手権』に出場したもののあえなく予選落ちに終わった河野。そこで自分に足らないものは何かを改めて見直した。

「自分の意識の低さを感じました。大体これくらいの所に打っていればいいやでは、全く通用しませんでした。練習の時からもっとピンポイントに狙っていく意識が必要だと思いました」。
シード選手としてレギュラーツアーで戦えていた時は、そもそも球が曲がらなかったので何も考えなくても狙ったところに打てていた。それが調子が悪くなるにつれて、狙い目自体をぼやっとしたものにしてしまっていた。それがスイングをより悪い方向に向かわせていることに気づけたことは予選落ちに終わったものの『日本プロゴルフ選手権』で得た大きな収穫と言えるだろう。

「狙い目をピンポイントに集中することで、逆に不安要素を消すことができたんです。ゴルフの調子自体も戻りつつあって、体と頭の方がリンクするようになってきました」。レギュラーツアーで戦っているときに、勝てない試合が続き、勝つためにスイングを色々と変えてしまった。それが調子を落とすきっかけになってしまったわけだが、良かった頃に戻りつつあるだけでなく、当時よりも良くなっている部分もあると言う。
意識改革を実践する河野が明日も妥協しないゴルフに挑む。

尚、本大会は観戦できるエリアが1・10番のティーインググラウンドと、9・18番のグリーンサイドのみに限定されているので、予めご了承ください。

» 前のページに戻る

関連記事

広告