石川遼 everyone PROJECT Challenge Golf Tournament  2016

大会ロゴ

大会記事

近藤啓介は6アンダー66で追い上げるも優勝に1打届かず

  • photo1

近藤啓介は最終日、7バーディ、1ボギーの6アンダー66をマークし、通算4アンダーとして首位を激しく追い上げた。前日は2オーバー74だったために、インからのスタート。
「66を目標にスタートした」というから目標通りのゴルフだった。早い組でのスタートだったために、後続の組を長い時間待つことになった。その間、パッティンググリーンでパットの練習をして待っていた。残念ながら塚田好宣が通算5アンダーでホールアウトし、近藤にはチャンスがなくなり引き上げた。

「9番ホールでバーディパットを入れたかった。4~5メートルあったんですけど、右に切れてしまって」と結果的にはこの1打が大きかった。「ドライバーショットはまぁまぁ、アイアンショットが良かった。パー5の第3打でピンを狙うウェッジショットが寄ってくれた。パットも良かった。入れごろ外しごろのパットが入ってくれた」ということなしのようだが、このほかにもチャンスがあり「もう少し伸ばせた」と少し悔いも残るようだ。来週は日本オープンに出場する。今回が3回目の出場で、この勢いで初の予選突破を目指す。

» 前のページに戻る

関連記事

広告