南秋田カントリークラブチャレンジトーナメント 2015

大会ロゴ

大会記事

甲斐慎太郎は65をマークするもプレーオフに泣く

  • photo1

『南秋田カントリークラブチャレンジトーナメント』最終日、4アンダー9位タイからスタートした甲斐慎太郎は7バーディ、1ボギーの65ストロークをマークし、トータル10アンダーフィニッシュ。優勝への期待も覗かせたが、プレーオフへ突入。
プレーオフ1ホール目、森本と渡部のバーディに対し、甲斐はバーディパットを外し、一歩及ばず涙をのんだ。

「もう少しだったね。最後のパットはショートだけはしないようにと打ったんだけど、ラインに乗らなかった。スタートする時はみんなにチャンスあると思ってプレーオフまでは持ってこられたんだけどね。」

パッティングには悔やまれるが、この経験は次につながるはず。
「もちろん残念ですけど、こういう結果をどんどん残していって、いい結果を出したいです。」

この先、「PGA・JGTOチャレンジカップ in 房総」、そして甲斐自身も歴代チャンピオンである「RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント」と試合は続いてくる。この悔しさは、次戦以降で晴らしたい。




» 前のページに戻る

関連記事

広告