南秋田カントリークラブチャレンジトーナメント 2015

大会ロゴ

大会記事

小袋秀人は9アンダーフィニッシュ!!「優勝を意識した中でいいプレーが出来た。」

  • photo1

小袋秀人が6バーディ、ノーボギーのトータル9アンダーでフィニッシュ。惜しくも後続の渡部に抜かれ、プレーオフには進出できず終戦となった。

「いいところで、パッティングが入ってくれました。1番と2番ホールでバーディを取れず、あまりいい流れではなかったんですけど、3番と6番で6メートルくらいの長いバーディパットが入ってくれたので、その辺りから流れにも乗ってきましたね。良くパターが転がってくれたと思います。」
パッティングで流れを引き寄せ、好スコアをたたき出した。

途中、15番終了時のスコアボードで優勝を意識したと小袋。
「ボードを見た時にトップが8アンダーだったので、10アンダーまで伸ばせばわからないと思っていました。意識した中で、上がりを連続バーディで回ることが出来た事は自信になりました。ノーボギーで回れたことも嬉しかったですね。」

敗れはしたものの、次に繋がると小袋は話す。次こそ優勝を狙いたい。

» 前のページに戻る

関連記事

広告