秋田テレビ・南秋田CCチャレンジ 2014

大会ロゴ

大会記事

チャレンジトーナメント賞金ランキングトップの座を死守した今平周吾

  • photo1
  • 現在チャレンジトーナメント賞金ランキングトップの今平周吾

2位タイの結果にも満足することなく、最終日のプレーを振り返った今平は「今日は凌いだプレーが多かった。今日の内容ではとてもトップに届くスコアは出ない」と話す。

朝に降った雨の影響で、グリーンが少し柔らかくなっていた最終日、それでも果敢にピンを狙ったボールは大きく跳ね、グリーンの奥まで持っていかれてしまう。「ピンにつけることができなかった。奥に行ってしまって、難しいバーディーパットばかり残ってしまった」と語った。

この日、唯一後悔していることは、最終18番ホールでバーディーを獲り、単独2位フィニッシュができなかったことと言う今平。現在チャレンジトーナメント賞金ランキングも2位の甲斐慎太郎に130万円程の差をつける独走状態にも、気が抜けない。「すこしでもリードしておかないと。ここまで来たら意識しながらやっていますから」と賞金王を意識しながら1戦1戦臨んでいることを明かした。

これからチャレンジトーナメントも後半戦。ますます白熱するチャレンジトーナメント賞金王争いにも目が離せない。

» 前のページに戻る

関連記事

広告