秋田テレビ・南秋田CC・JGTOチャレンジ I 2013

大会ロゴ

大会記事

竹谷佳孝はプレーオフで散るも2大会連続トップ3入り【インタビュー動画】

  • photo1

『秋田テレビ・南秋田CC・JGTOチャレンジⅠ』最終日、2アンダーの12位タイからスタートした竹谷佳孝が、出だしの4連続バーディを含む7バーディ2ボギーの66でまわり、怒涛の追い上げを見せプレーオフへ駒を進めたが、4ホールの熱戦の末、涙を飲む形となった。
惜しくも2位となったが、先週の『ISPS・CHARITYチャレンジトーナメント』の3位に続き、2大会連続のトップ3入りを果たし、抜群の安定感を見せつけた。

プレーオフでは、ドライバーが思うようにコントロールが出来ず苦しんだ竹谷。3ホール目はティショットを池に入れるなど苦戦を強いられた。
「悔しいけど、ドライバーがあそこまで悪かったので、4ホール目まで良くしのいだという感じです。」
と悔しさをかみしめた竹谷。

トップ3となった2試合でより自信を得た竹谷。
次戦こそ頂点を狙いたい。

» 前のページに戻る

関連記事

広告