お問い合せ
Japan Golf Tour
News
2014
[ニュース]
2014年1月〜
2014.3.5
続いて重永亜斗夢が仙台へ

谷原秀人に続いて、すぐ翌日の5日水曜日に仙台入りしたのは子どもたちのスーパーヒーロー?!。“アトム”が子連れの実技講習。本家本元はジェットの限りに空を飛べるがこちらのアトムは飛行機嫌い。おまけに寒さも大嫌い。この日の最低気温は2℃。仙台市立田子小学校の安部啓司校長先生は「こちらでは普通ですよ」とこともなげに仰ったが、出身の熊本県では「こんな寒い日はほとんどないので」。用を足して、手を洗った水の冷たかったこと。子どもたちが待つ体育館は「暖房がないんです」と安部校長先生に申し訳なさそうに言われて、ひょろりと華奢な体がいっそう縮まる思いがした。それでもヤセ我慢でダウンジャケットは脱いで向かった。相当、覚悟して子どもたちの前に登場したが、いざスナッグゴルフの講習会が始まると、寒さなんか忘れた。目をキラキラさせて、ランチャーを振り回して「当たった」「飛んだ」と飛び跳ねる子どもたち。口々に「楽しい!」とまとわりつかれて「俺もすんごく楽しいよ!!」。 本当に、子どもたちとの時間がこんなに楽しいとは思わなかった。こんなに力をもらえるものだとも。10年ぶりくらいの給食を挟んで、午後から「夢を持とう」の講演会も、「俺、今までゴルフばっかりで。勉強もしてないから。頭悪りぃから。うまく喋れない」と緊張しきりで、最初はモタモタと、口ごもってばかりいたのにそんな自分にも真剣な表情を向けて、食い入るように子どもたちに見つめられたら、いつの間にか乗せられた。

詳しい記事は「コチラ」よりご覧いただけます。

もどる
このサイトに掲載されている内容(データ)は (一社)日本ゴルフツアー機構が所有するものであり、無断転載、転用及び無断複製は一切禁止します。
Copyright(c)1999-2014 JAPAN GOLF TOUR ORGANIZATION