お問い合せ
Japan Golf Tour
News
2012
[ニュース]
2012年1月〜
2012.5.12
茨城A地区予選会は笠間市立友部小学校が優勝

 
.
 
第9回スナッグゴルフ対抗戦茨城A地区予選会は、宍戸ヒルズカントリークラブで開催され、笠間市内の13校の小学校から78名が参加して行われた。


 
.
 
全国の中でも、最も激戦区となっている、笠間市の小学校を対象とした予選会は、市内14校のうち13校が大会に出場するという定着率もあり、そのレベルも予選会とは思えないほどの高さで、その雰囲気も全国大会をも凌ぐ熱気に包まれる。


 
.
 
会場に到着するや、コースへ向かって一列に並んでの一礼や、スタート前には各チームが円陣を組んでの気合の号令など、緊張感がひしひしと伝わってくる。


 
.
 
競技は、爽やかな晴天の下でスタートしたが、約10パーセント距離が長く設定された特設コースで、強い風と夕方からの気温の低下という難しいコンディションの中で、136ストロークとした笠間市立友部小学校が、2位の北川根小学校に17打の差をつける圧勝で優勝した。


 
.
 
優勝した友部小学校と2位の北川根小学校は、昨年の全国大会で既にシード権を得ているため、3位から5位までの3校が全国大会への出場権を獲得した。


 
.
 
優勝した友部小学校は7年連続7回目、2位の北川根小学校は9年連続9回目、3位の岩間第三小学校は4年連続4回目、4位の稲田小学校は8年連続8回目、5位の箱田小学校は2008年以来4年ぶり4回目となる念願の全国大会への出場を決めた。


 
.
 
笠間市内でのスナッグゴルフの取り組みは、日本ゴルフツアー選手権における社会貢献活動の一環として2003年から始まり、森ビル株式会社の絶大な支援のもと、10年が経過する現在も活発な活動が継続している。


 
.
 
笠間市教育委員会と宍戸ヒルズカントリークラブの協力による、4月からの合同練習会には、沢山の選手たちが練習に訪れ、新学期からの恒例行事となっている。


 
.
 
また、スコアラー業務に協力して頂いた各校の先生方も、スコアを記録するだけでなく、選手への的確な指導などにも尽力いただき円滑な競技運営に貢献。また、教育委員会からも多くのスタッフが大会運営にあたり、滞りない競技運営が行われた。


<第9回スナッグゴルフ対抗戦茨城A地区予選会成績/540ヤード・パー36>
優勝 笠間市立友部小学校 136ストローク<シード校>
2位 笠間市立北川根小学校 153ストローク<シード校>
3位 笠間市立岩間第三小学校 157ストローク<全国大会への出場権を獲得>
4位 笠間市立稲田小学校 169ストローク<全国大会への出場権を獲得>
5位 笠間市立箱田小学校 170ストローク<全国大会への出場権を獲得>
6位 笠間市立宍戸小学校 183ストローク
7位 笠間市立笠間小学校 188ストローク
8位 笠間市立佐城小学校 190ストローク
9位 笠間市立岩間第二小学校 192ストローク
10位 笠間市立友部第二小学校 197ストローク
11位 笠間市立岩間第一小学校 202ストローク
12位 笠間市立大原小学校 218ストローク
13位 笠間市立南小学校 226ストローク

ベストスコア賞
深作麻里渚(笠間市立友部小学校4年生) 24ストローク

<予選会にご協力頂いた皆様>
笠間市教育委員会 教育長 飯島勇さん
笠間市教育委員会 スポーツ振興課 課長 中野裕二さん
笠間市教育委員会 スポーツ振興課の皆さん
株式会社宍戸国際ゴルフ倶楽部 代表取締役社長 坂本好伸さん
宍戸ヒルズカントリークラブ 総支配人 草野通朗さん
宍戸ヒルズカントリークラブ 支配人 青木裕次さん
宍戸ヒルズカントリークラブの皆さん

(宍戸ヒルズCCより副賞と参加賞をご提供頂きました)


 
 


 

もどる
このサイトに掲載されている内容(データ)は (社)日本ゴルフツアー機構が所有するものであり、無断転載、転用及び無断複製は一切禁止します。
Copyright(c)1999-2012 JAPAN GOLF TOUR ORGANIZATION