お問い合せ
Japan Golf Tour
News
2011
[ニュース]
2011年1月〜
2011.12.26
第6回ハイビスカスカップ全国小中学生ゴルフ伊江島大会を開催

 
.


 
今年で第6回目となる、ハイビスカスカップ全国小中学生ゴルフ伊江島大会(伊江村主 催、社団法人日本ゴルフツアー機構など共催)が、沖縄県伊江村の 伊江島カントリー クラブで12月26日(月)に開催され、中学生31名、小学生53名の合計84名が参加した。


 
.


 
強い寒波の影響で、沖縄とは思えない気候で、ダウンジャケットが必要なほどの寒さ と、四方を海に囲まれた伊江島特有の強い風が終日吹く、難しいコンディションの中 で開催された。

競技は、中学生女子の部で、3人が並んでプレーオフとなり、地元の伊江中学校2年の 金城紗希と、うるま市立具志川中学校1年の新垣比菜がアプローチを寄せたものの、 招待選手で東大阪市立牧岡中学校3年の中尾春陽が5メートルのバーディを決めて決着 した。


 
.


 
中学生男子の部は、昨年、一昨年と、2年続けてプレーオフで敗れていた、喜瀬武原 中学校2年の山田竜義が2位に2打の差をつけて念願の優勝を果たした。

中学女子の部で優勝した中尾春陽は、「初めての一人旅だったが、プレーオフでは絶 対に勝ちたいと思った。関西では経験できない風なので、これから生かしていきた い。」と喜びを話し、招待選手として、一人で飛行機に乗って遠征してきたエピソー ドも交えた。


 
.


 
中学男子の部で優勝した山田竜義は、「プレーオフで負けていたが、やっと優勝でき てうれしい。親にも感謝して、これからもがんばっていきたい。」と3度目の正直と なる喜びを語った。

中学の団体の部では、近畿地区と沖縄地区が同スコアとなったが、規定によりマッチ ングスコアカード方式で近畿地区が優勝した。


 
.


 
近畿地区代表で、中学生男子の部で2位だった小斉平優和は、6年前の第1回大会に出 場して小学生対学年の部で優勝した実績があり、今回は2回目の出場。

当時は父親の勧めでこの大会に自らエントリーして遠征。今回はこれまでの実績から 招待選手としての参加だったが、「他の試合と日程が重なっていたが、楽しそうだと 思い参加した。風が強くグリーンも難しかった。特に横風の計算は勉強になった」 と、惜しくも個人優勝は逃したものの、沖縄での大会での収穫は大きかったようだ。


 
.


 
午後には、小学生高学年男子の部、小学生高学年女子の部、小学生低学年の部が行わ れ、小学生高学年女子の部で、56ストローク2アンダーというスコアで、糸満市立西 崎小学校6年の金城和歌奈が優勝するなど、今年もハイレベルな大会となった。


 
.


 
尚、各部門の優勝者には、新種のハイビスカスへの命名権がプレゼントされるとい う、恒例の演出もあり、それぞれ自身の名前やニックネームなどを名付け、島では命 名されたハイビスカスを永遠の財産として育てるそうだ。


<上位成績/中学・小学高学年3,109ヤード 小学低学年2,455ヤード/共にパー58>

中学生男子の部 上位
優勝 山田竜義 59
2位 小斉平優和 61
3位 富本虎希 61

中学生女子の部 上位
優勝 中尾春陽 61
2位 金城紗希 61
3位 新垣比菜 61

中学生団体の部
優勝 近畿地区チーム(小斉平優和・中尾春陽) 122
2位 沖縄地区チーム(富本虎希・新垣比菜) 122
3位 北海道チーム(小笠原基就・高石彩華) 148

小学生高学年男子の部 上位
優勝 外間昂汰 65
2位 宮城慎太郎 66
3位 金城五貴 67

小学生高学年女子の部 上位
優勝 金城和歌奈 56
2位 佐渡山理莉 66
3位 星川ひなの 66

小学生低学年の部 上位
優勝 青川栄太 69
2位 金城羽矢斗 69
3位 屋喜比一馬 70
4位 ショーマートゥリスタン海 70

伊江島についての情報は「こちら」


 
 


 

もどる
このサイトに掲載されている内容(データ)は (社)日本ゴルフツアー機構が所有するものであり、無断転載、転用及び無断複製は一切禁止します。
Copyright(c)1999-2012 JAPAN GOLF TOUR ORGANIZATION