お問い合せ
Japan Golf Tour
News
2011
[ニュース]
2011年1月〜
2011.8.20
千葉地区予選会と東京地区予選会を開催

 
.


 
千葉地区予選会と東京地区予選会は併催で、千葉県印西市の総武カントリークラブ総 武コースで開催され、千葉地区から9校54名、東京地区からは2校12名が参加し、総勢 66名による大会として行われた。

千葉地区から9校が参加したのは、昨年の7校と比較すると史上最多校数となる。


 
.


 
激戦区となった千葉地区予選は、昨年惜しくも予選敗退となった成田市立加良部小学 校が優勝し、2009年以来となる2年ぶり3回目の全国大会への進出を決め、更に予選に 初出場した印西市立原山小学校が1打差の2位で全国大会への初出場を決めた。

尚、昨年の全国大会に出場した印西市立西の原小学校は2位に2打届かず、印西市立高 花小学校と共に涙をのんだ。


 
.


 
東京地区予選会は、ハイレベルな戦いとなり、立教小学校が大田区立池雪小学校を3 打振り切り、全国大会への出場を決めた。立教小学校の全国大会への出場は9年連続9 回目となり、前人未到の連続記録を更新し続け、2009年以来の4回目の全国制覇を狙 う。


 
.


 
この大会で会場を提供して頂いた、総武カントリークラブ総武コースは、クラブハウ スの建て替え工事と時期が重なり、駐車場などの環境が大きく変更になったが、例年 と変わりない親切な対応で子どもたちを迎えてくれた。


 
.


 
開会式で金瀬匡治支配人は、「ゴルフはエチケットとマナー、感謝と思いやりのス ポーツ。お父さんやお母さん、先生方への感謝の気持ちをもってプレーしてくださ い。」と激励。

いつも全国大会前までの期間に、地元の小学校チームに練習場所を提供して頂くな ど、毎回、温かなサポートをして頂いている。


 
.


 
また、今回の大会においても、印西市教育委員会を中心に、体育指導委員の方々が応 援に駆けつけて頂き、競技運営のほか、駐車場からコースまでの誘導や安全配慮にも 尽力頂き、未来を担う子どもたちのために、地元の方々による数々の支援で円滑な大 会運営につながった。


<第7回スナッグゴルフ対抗戦千葉地区予選会成績/497ヤード・パー36>
優勝 成田市立加良部小学校 162ストローク <全国大会への出場権を獲得>
2位 印西市立原山小学校 163ストローク <全国大会への出場権を獲得>
3位 印西市立西の原小学校 165ストローク
4位 多古町立久賀小学校 169ストローク
5位 印西市立高花小学校 171ストローク
6位 多古町立多古第二小学校 173ストローク
7位 印西市立船穂小学校 181ストローク
8位 印西市立大森小学校 203ストローク
9位 流山市立小山小学校 226ストローク

ベストスコア賞
小名木真由(印西市立原山小学校4年) 28ストローク
岡本憲和(印西市立西の原小学校4年) 28ストローク
橋本雄也(印西市立西の原小学校4年) 28ストローク

アルバトロス賞
柳澤優人(成田市立加良部小学校4年) 2番ホール 80ヤード

ホールインワン賞
萩原結愛(多古町立第二小学校4年) 3番ホール24ヤード
中西雅人(多古町立久賀小学校4年) 6番ホール21ヤード

<第7回スナッグゴルフ対抗戦東京地区予選会成績/497ヤード・パー36>
優勝 立教小学校 143ストローク <全国大会への出場権を獲得>
2位 大田区立池雪小学校 146ストローク

ベストスコア賞
村木レオン(大田区立池雪小学校3年) 26ストローク

ホールインワン賞
今田慎吾(立教小学校4年) 6番ホール21ヤード
村木レオン(大田区立池雪小学校4年) 6番ホール21ヤード

<予選会にご協力頂いた方々>
総武カントリークラブ総武コース 支配人 金瀬匡治さん
総武カントリークラブ総武コース 副支配人 高瀬和宏さん
印西市教育委員会教育部スポーツ振興課 清田和広さん 椎名隆範さん
印西市体育指導委員連絡協議会のみなさん
日本スナッグゴルフ協会 専務理事 小澤佳夫さん
日本スナッグゴルフ協会 山田寛さん


 
 


 

 
 


 

もどる
このサイトに掲載されている内容(データ)は (社)日本ゴルフツアー機構が所有するものであり、無断転載、転用及び無断複製は一切禁止します。
Copyright(c)1999-2012 JAPAN GOLF TOUR ORGANIZATION