お問い合せ
Japan Golf Tour
News
2011
[ニュース]
2011年1月〜
2011.7.31
宍戸ヒルズCCと静ヒルズCCでスナッグゴルフ親子大会を開催

 
.


 
夏休みに入って間もない、7月30日と31日の2日間に渡って、宍戸ヒルズカントリーク ラブと静ヒルズカントリークラブで、スナッグゴルフ親子大会が開催され、1つの ボールを親子で繋ぎゴルフを楽しんだ。


 
.


 
この大会は、「豊かな自然の中で遊び、ゴルフを通じた青少年の健全育成と、親子の 会話・絆を深めることにより、明るく豊かな街づくりに寄与することを目指す。」と いう主旨による、親子大会で、一打目は児童が、2打目以降は交互にボールを打って 競い合った。


 
.


 
宍戸ヒルズと静ヒルズの近隣では、すでに多くの小学校がスナッグゴルフを導入して おり、今回は導入小学校を通じて参加募集を行い、宍戸ヒルズ会場では、定員の60組 に対して30組以上のキャンセル待ちが出る盛況ぶりで、静ヒルズでも45組が参加し た。


 
.
宍戸ヒルズ会場優勝の野村真司親子ペア

 
宍戸ヒルズ会場では昨年に引き続き、笠間市アマチュアゴルフ協会と笠間市教育委員 会の方々がスコアラーに協力し、親子大会のスコアを記録して頂くなど、競技運営に も協力して頂き、地域が子どもを支える仕組みが定着している。


 
.


 
宍戸ヒルズ会場では、開会式直前の雷雨により、一時的に避難をして天候の様子を 伺っていたが、次第に回復して15分遅れでスタートして大会を完了。静ヒルズ会場も 程良い雲が心地よいコンディションを演出して、参加者に快適なプレー環境を提供し てくれた。


 
.


 
宍戸ヒルズ会場で優勝した、野村真司親子ペアの岩間第三小学校6年生の真司くん は、「3年間スナッグゴルフをやっていて、親子大会3回目の出場で初めて優勝できて うれしかった。これからは90ストローク以下でラウンドできるようにゴルフで頑張り ます。」と話しており、小学生最後のスナッグゴルフ大会で、やっとつかんだ栄光を 喜んでいた。


 
.


 
また、静ヒルズ会場で優勝した、伊勢山海斗くんは、「優勝できてうれ しかった。ありがとうございました。」とスピーチし、夕日に照らされた、はにかん だ笑顔で喜びを表現した。


 
.


 
二日間に渡って行われた親子大会では、会場のあちらこちらで、親子が笑顔でハイ タッチしたり、声をかけあったり、方向やラインを相談し合ったりと、緑の中で親子 の絆を深めるシーンが見受けられ、閉会式では参加した親子が、健闘を称えあって向 かい合って握手をし、胸と胸を合わせての「ハグ」が行われ、スポーツを通じて親子 のスキンシップと協力し合う心を育む微笑ましい大会となった。


 
.


 
この親子大会をはじめ、宍戸ヒルズと静ヒルズでは、スナッグゴルフやジュニアゴルフ の大会やイベントが数多く開催されており、スタッフの方々がいつも笑顔で子どもた ちを迎えてくれている。


宍戸ヒルズ主催第7回スナッグゴルフ親子大会上位成績<9ホール 550ヤード パー36>
優勝 野村真司ペア(岩間第三6年) 27ストローク
準優勝 島崎優太郎ペア(友部3年) 29ストローク *
3位 仲村卓ペア(岩間第三4年) 29ストローク *
4位 堀江康樹ペア(北川根6年) 29ストローク *
5位 井上遥奈ペア(岩間第三6年) 29ストローク *
ホールインワン賞
高野花緒(箱田3年) 3番ホール25ヤード
刈屋武琉(宍戸6年) 6番ホール25ヤード

静ヒルズ主催第6回スナッグゴルフ親子大会上位成績<9ホール 497ヤード パー36>
優勝 伊勢山海斗ペア(岩間第三4年) 27ストローク
準優勝 高野真気ペア(箱田3年) 30ストローク *
3位 川井悠資ペア(北川根4年) 30ストローク *

* 同ストロークの場合には児童の年令が低いチームが上位となる


 
. .
  静ヒルズ会場優勝の伊勢山海斗親子ペア

 
. .
 

もどる
このサイトに掲載されている内容(データ)は (社)日本ゴルフツアー機構が所有するものであり、無断転載、転用及び無断複製は一切禁止します。
Copyright(c)1999-2012 JAPAN GOLF TOUR ORGANIZATION