お問い合せ
Japan Golf Tour
News
2010
[ニュース]
2010年1月〜
スナッグゴルフ支援自販機が香川県に拡大
 
.
調印式で握手を交わす増田能成会長と
四国コカ・コーラボトリングの三谷久 士専務取締役

 
昨年8月に広島県で始まった、スナッグゴルフ支援自販機の取り組みが、瀬戸内海を 渡って香川県でスタートすることになり、8月4日にお披露目式が行われた。

記念すべき第一号機が設置されたのは、香川県が誇るゴルフメーカーのキャスコ株式会社で、設置される場所は 本社社屋のロビー。


 
.
ドリンクを購入する大山茂樹さぬき市長

 
お披露目式にはさぬき市の大山茂樹市長も駆け付け、「ゴルフは審判員を伴わない紳 士淑女のスポーツで、思い通りにならない我慢や、相手を思いやる思いやりが、日常 生活でも役立つスポーツ。」と挨拶。 大山市長は早速、香川県で第一号の購入者であり募金者の大役も務めた。

スナッグゴルフ支援自販機の取り組みが始まったのは昨年8月。


 
.
列席者による記念撮影


 
コカ・コーラウエスト株式会社と、地元 のジュニア育成普及機関である広島県ジュニアゴルフ振興会(代表:枝広美子プロ)、 そして社団法人日本ゴルフツアー機構(JGTO)の3社のコラボレーションにより、小学 校へスナッグゴルフ・スクールセットを寄贈するための財源確保の仕組みで、お客様 がドリンクを購入すると、その一部が設置事業者の賛同によりコカ・コーラウエスト を通じて広島県ジュニアゴルフ振興会に寄金され、この財源が小学校へのスナッグゴ ルフ導入と実技講習に活用されるという仕組みで、広島県では早くも40台の自販機の 設置を数え、この寄金でスナッグゴルフ用具が既に2校の小学校に 導入されている。


 
.
川県に設置された第一号機

 
この広島県での取り組みが香川県でも採用され、四国コカ・コーラボトリング株式会社、香 川県ジュニアゴルフ振興会(代表:増田能成プロ)、そして社団法人日本ゴルフツアー 機構(JGTO)の3社のコラボレーションが香川県でも生まれた。


 
.
増田能子プロによる実技講習も行われた

 
香川県ジュニアゴルフ振興会の増田能成会長は、「スナッグゴルフはこれからのス ポーツ、香川県そしてさぬき市で楽しんでほしい。ゴルフもしてほしいが、スナッグ ゴルフは安全で馴染みやすいので、皆さんに広めていきたい。そしてルール、エチ ケット、そしてマナーを大切にするスポーツなので、生活でも役立ててほしい。」 と、この活動の狙いを語る。


お披露目式のあとには早速、キャスコ本社のある学区の、さぬき市立志度小学校の6 年生8名が、スナッグゴルフ体験会に参加し、香川県ジュニアゴルフ振興会の副会長 でLPGAの増田能子プロの指導のもと、チップショットなどの基本指導を受け、子ども たちは「早く道具が学校に欲しい」と、自販機による寄金での導入が待ちきれない様 子だった。

自販機のキャラクター制作に携わる、イラストレーターの田中康一先生もお披露目式 に参加し、「子どもたちが楽しそうで、スナッグゴルフで友だちや仲間が増えること を望んでいる。この活動が発展することに貢献できれば。」とコメント。

また、「本家」である広島県ジュニアゴルフ振興会の枝広美子会長 は、「一歩ずつ進んでいて、香川県に仲間が出来、共に輪を広げていきたい。」 と香川県への拡大を喜んだ。

社団法人日本ゴルフツアー機構と、プロゴルファーによるスナッグゴルフ・スクール セットの寄贈は、2003年から始まり今日までに190セットを超えており、広島と香川 での取り組みを追い風に、ゴルフが全国の小学校に広まっていく勢いだ。

<香川県ジュニアゴルフ振興会 役員>
会長 増田能成(社団法人日本プロゴルフ協会会員)
副会長 増田能子(社団法人日本女子プロゴルフ協会会員)
理事 増田都彦(社団法人日本プロゴルフ協会会員)
顧問 増田光彦(社団法人日本プロゴルフ協会会員)
顧問 大塚澄夫(香川県ゴルフ協会常務理事)


もどる
このサイトに掲載されている内容(データ)は (社)日本ゴルフツアー機構が所有するものであり、無断転載、転用及び無断複製は一切禁止します。
Copyright(c)1999-2012 JAPAN GOLF TOUR ORGANIZATION