お問い合せ
Japan Golf Tour
News
2010
[ニュース]
2010年1月〜
倉本昌弘が広島市立幟町小学校を訪問し子どもたちとスナッグゴルフを楽しむ
 
.
贈呈式の模様

 
夏空のような眩しい晴天のもと、広島市立幟町小学校を倉本昌弘が訪れ、3年生70名 を対象に、スナッグゴルフを活用したゴルフ指導を行い、トーナメントのオープン ウィークに子どもたちと楽しいひと時を過ごした。


 
.
倉本のフルショットに児童たちから歓声があがった

 
倉本は昨年2月、ジャパンゴルフツアー選手会が推進するゴルフ伝導活動の一環とし て、広島市 立本川小学校を訪れ、続く5月には、自身の出身小学校である、広島市立袋町小学校にスナッグゴルフ用具の寄贈を行い訪問し、自身が生まれた広島県にゴルフ を広める活動に、これまでに増して情熱を注いでおり、更に広島県内を中心とした新 たな取り組みもスタートさせた。


 
.
 

 
その取り組みとは、コカ・コーラウエスト株式会社と、地元のジュニア育成普及機関である広島県ジュニアゴルフ振興会(代 表:枝広美子プロ)、そして社団法人日本ゴルフツアー機構(JGTO)の3社のコラボレーションにより、小学校へスナッグゴルフを 寄贈するための財源確保の仕組みで、お客様がドリンクを購入すると、その一部が設置事業者の賛同によりコカ・コーラウエストを通じて広島県ジュニアゴルフ振興会に寄金され、この財源が小 学校へのスナッグゴルフ導入と実技講習に活用されるという仕組みで、現在までに30台を超える 自販機が設置され、着実にその数を増やしつつある。


 
.
丁寧に指導する倉本

 
倉本は、「設置場所を提供してくれた支援者の方々のご厚意に感謝したい。これから も自販機の設置が広がれば多くの小学校に用具を寄贈することができる。」と、この活動を支える沢山の人々への感謝の気持ちでいっぱいだ。


 
.
 

 
きっかけは昨年2月。

ある企業での講演を終えた倉本昌弘のもとに、コカ・コーラウエストの担当者が駆け 寄り、倉本が話した青少年の健全育成とジュニア育成への熱い想いに共感し、課題と なっていた用具導入のための原資捻出の方法として提案。

既にサッカーJリーグのサンフレッチェ広島やアビスパ福岡で先行していた、スポー ツ振興支援のための仕組みをゴルフにも当てはめ、準備はトントン拍子で進み、昨年8月には 第1号機の設置が行われた。


 
.
 

 
あれから10ヶ月が経過し、小学校に用具が導入できる財源が集まり、記念すべき第一 号目の小学校を広島市教育委員会が選定し、広島駅から5分ほどの都心のど真ん中に 位置し、130年以上の伝統を誇る、広島市では最も古い幟町小学校に白羽の矢が立っ た。


 
.
校庭に設置され紹介された自販機

 
10ヶ月の道のりは容易ではなかった。

ゴルフ場やゴルフ練習場には既に自販機が設置されており、ゴルフショップなど可能 性のある場所は飽和状態で、設置交渉には苦労を重ねてきた。

しかし根気強い主旨説明を繰り返し、何とか当初の目標の30台を超えるに至った。 その甲斐あって、広島市教育委員会の理解と協力もあり、校長会での説明の場を提供 して頂いたところ、市内141校の小学校 のうち、50校を超える小学校が導入を希望しているという、嬉しい悲鳴に変わり つつある。


これは、ゴルフの普及もさることながら、ゴルフを通じた青少年の健全育成という目 的が、教育界に通じた証とも言える。

この日の実技講習を終え、広島県内でのゴルフの普及活動の基礎を築いた、広島県 ジュニアゴルフ振興会の代表を務める枝広美子プロは、「子どもたちが喜んでいる 姿」を見てこれまで蓄積してきた時間を感慨深く振り返ると同時に、「これからがス タート」と決意を新たにし、身の引き締まる思いで更なる活動に気持ちを切り替え た。

そして、この日の訪問で子どもたちとふれあった倉本は、「子どもたちのスポーツ離 れが課題となっている昨今、体を動かして楽しめるスナッグゴルフは、ゴルフの導入 編としては最適な用具。また、ゴルフは審判員がいないスポーツで、人を思いやるス ポーツ。ゴルフを通じて子どもたちには生活で必要なことを学んでほしい。」と語 り、子どもたちの元気で楽しそうな笑顔を見て、広島県からスタートした取り組み を、更に拡大するエネルギーに変えたようだ。


もどる
このサイトに掲載されている内容(データ)は (社)日本ゴルフツアー機構が所有するものであり、無断転載、転用及び無断複製は一切禁止します。
Copyright(c)1999-2012 JAPAN GOLF TOUR ORGANIZATION