お問い合せ
Japan Golf Tour
News
2010
[ニュース]
2010年1月〜
広島地区予選会は東広島市立三ツ城小学校が全国大会への出場を決める
 
.
三ツ城小学校4年生の
大澤佑希くんの選手宣誓で開幕

 
第5回スナッグゴルフ対抗戦広島地区予選会は、東広島市にある広島カンツリー倶楽 部八本松コースで開催され、交流参加を含め7校から50名が参加して、青空の下で行 われた。


 
.
スタート前には自己紹介と握手が励行された

 
広島カンツリー倶楽部八本松コースには、大幅改造されたドライビングレンジに、ス ナッグゴルフコースが常設されており、普段は練習場だが、敷地内のグリーン面など はスナッグゴルフコース用に流用できるように設計されているため、僅か30分ほどの 時間でスナッグゴルフコースに早変わりする設定になっている。

この環境は全国のゴルフ場でも類を見ない、スナッグゴルフが盛んな東広島市ならで はの特別な配慮といえる。


 
.
帽子をとっての一礼をしてスタート

 
更に、広島県内では、スナッグゴルフが普及して定着した年月と比例して、ゴルフ技 術だけではなく、礼儀正しさとエチケットやマナーも定着している。

スタートしていく各組では、自己紹介と握手、そしてコースへの一礼が励行され、プ レー中のきびきびとした動きにも感心させられた。


 
.
スタートホールでのティショット

 
競技は、東広島市立三ツ城小学校が、2位に38ストロークの大差をつけて圧勝し、全 国大会出場常連校の風格を示す形となった。

三ツ城小学校は6年連続6回目の全国大会 への出場が決まり、2006年の第4回大会以来の全国制覇を目指す。 尚、昨年の全国大会に出場した板城小学校は4位となり、全国大会への出場はならな かった。


全国大会への出場決めた三ツ城小学校のキャプテンはスピーチで、「みんなで力を合 わせてがんばれた」と喜びを語った。

広島カンツリー倶楽部八本松コース所属で広島県プロゴルフ協会の原満プロは大会の 閉会式で、「ルールとマナー、そしてエチケットを重んじて、楽しくプレーしてくれ たと思います。全国大会に出場する三ツ城小学校の皆さんは、広島県の代表として、 思い切ってプレーしてきてください。」と激励のメッセージを送った。


<第5回スナッグゴルフ対抗戦広島地区予選会の成績/497ヤード・パー36>

優勝 東広島市立三ツ城小学校 139ストローク <全国大会への出場権を獲得>
2位 東広島市立小谷小学校 177ストローク
3位 東広島市立東西条小学校 181ストローク *
4位 東広島市立板城小学校 181ストローク *
5位 尾道市立御調中央小学校 185ストローク
6位 東広島市立西条小学校 199ストローク
* 同ストロークの場合には、スコアの少ない選手がいる学校が上位となる

ベストスコア賞
門田麻由子(東広島市立三ツ城小学校4年生) 26ストローク
久保優人(東広島市立三ツ城小学校3年生) 26ストローク

交流の部ベストスコア賞
兼信海大(東広島市三ツ城小学校3年生) 30ストローク
安東稔覚(東広島市三ツ城小学校3年生) 30ストローク

ホールインワン賞
井口朋也(東広島市立三ツ城小学校4年生) 6番ホール24ヤード

<予選会にご協力頂いた方々>
広島 カンツリー倶楽部八本松コース 藤本敏昭総支配人
広島県プロゴルフ協会 原満プロ(広島カンツリー倶楽部八本松コース所属)
広島カンツリー倶楽部八本松コース 研修生の皆さん
社団法人日本女子プロゴルフ協会 枝広美子プロ(高陽ゴルフセンター所属)
有限会社アクティヴ 松岡 澄弘さん


 
. .
ターゲットに方向を合わせる   セカンドショットでターゲットを狙う

 
. .
6番ホールでホールインワンを
決めて喜ぶ井口朋也くん
  優勝した三ツ城小学校には
全国大会への招待状が渡された

もどる
このサイトに掲載されている内容(データ)は (社)日本ゴルフツアー機構が所有するものであり、無断転載、転用及び無断複製は一切禁止します。
Copyright(c)1999-2012 JAPAN GOLF TOUR ORGANIZATION